香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

あっちの世界

f:id:shusaku1:20200928004804j:plain

 

今日は、ジムでトレーナーと筋トレをして、

 

その後、いつものカフェでワインを飲みながら

 

読書をした以外、何もしない一日だった。

 

あ、半沢直樹の最終回は見たよ。

 

f:id:shusaku1:20200928004855j:plain

 

竹内結子さん、お亡くなりになったんだね。

 

僕は、

 

松嶋菜々子と竹内結子の見分けがつかず、

 

貞子に出ていたのが竹内結子だと思ってた。

 

ちなみに、

 

石原さとみと上戸彩の見分けもつかない。

 

 

ここのところ、三浦春馬さんや芦名星さんなど、

 

人気俳優の自殺が相次いでいる。

 

みな、美男美女で、仕事もほとんどが主演、

 

家庭のトラブルもなく、本当に死の直前まで、

 

全く普通に人々と接していた人が、

 

ふっ、と思いついたように自ら体を脱ぐ。

 

 

その人の心の中がどうなっているかなんて、

 

きっと、本人にしか分からないのだろうが、

 

ふっ、と思い立ったように命を絶つ人って、

 

実際にはすごく多いような気がしている。

 

逆に、到底乗り越えられないような

 

苦難の真っ最中にいる人のほうが、

 

本人も、周囲の人も、

 

その苦難を直視し、理解できている分、

 

案外、死なずに踏ん張れたりする。

 

f:id:shusaku1:20200928004753j:plain

 

というのも、

 

いま、僕は22階に住んでいるのだが、

 

深夜、書斎の窓から階下を走るバイパスを、

 

何気なく、ぼーっと眺めていたりすると、

 

ああ、ここから身を乗り出すだけで死ねるんだ、

 

という想いが〝ふっ〟と湧いてくる瞬間がある。

 

もちろん、実際に行動に移したりはしないが、

 

なんていうんだろう、そういう時って、

 

「ああ、ただこれだけのことで終われるんだあ」

 

みたいな、安堵感のようなものがよぎるのだ。

 

みんな、死ぬほどではないけれど、

 

小さな悩みは必ず抱えていて、そんなとき、

 

ふっ、と逝ってしまったりするのかもしれない。

 

👇うつ病の彼女とのことを書いた記事

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そう言えば、僕がまだ大学生の頃、

 

うつ病の彼女と付き合っていたことがある。

 

当時、彼女は完ぺきに死ねる場所を求め、

 

こっちのビル、あっちのビル、と、

 

ビルの屋上を彷徨い歩いていたのだが、

 

そんな彼女が言うには、

 

「自殺する人ってさあ、その瞬間、心がもう、

 

   あっちの世界に、逝ってしまってんねん。

 

 〝あっち〟にある、安心と歓びに満ちた、

 

   完璧な愛の世界を垣間見てしまった瞬間、

 

   もうええわ、って、とっさに逝ってしまうんよ」

 

 

当時の彼女が言っていた言葉が思い出され、

 

天国を垣間見た瞬間、人は逝くんだな、

 

と、いまさらながら、感慨を新たにした。

 

 

と同時に、

 

自殺した人は天国へ行けない、というのは

 

まっかなウソで、ましてや、カルマでもない。

 

それもまた、完璧なタペストリーの糸のひとつで

 

本人には何の罪もなく、ただ愛へ戻っただけだ、

 

というアニータの言葉も心をよぎった。

 

自殺をした人や犯罪者は天国へ行けない、

 

なんて絶対にあり得ないことが、

 

今の僕ならわかる。

 

 

というわけで、

 

竹内結子さんのご冥福をお祈りいたします。