香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

脱・自我男!

f:id:shusaku1:20200928004741j:plain

 

今朝、家を出ようと身支度をしていると、

 

スマホの仕事用スカイプに、ピコン、ピコン、

 

と、続けざまにメッセージが入った。

 

こんな時間に何だろう、と思った瞬間、

 

みぞおちの辺りが〝ビクン〟と反応した。

 

何か、業務上のトラブルかもしれない。

 

内容をチェックしようと、

 

スマホのアプリを開こうとして、やめた。

 

さっき感じた〝ビクン〟の正体を、

 

とことん見てやろう、と思ったのだ。

 

で、会社に着くまで、わざとスカイプの内容を、

 

確認しないでおくことにした。

 

 

バスに乗っている間も、ピコンピコン、と、

 

メッセージの通知音が何度も鳴る。

 

その度に、何だろう、と気になって仕方がない。

 

あの件だろうか、それとも、何か別の問題が?

 

 

「ほれほれ、気になるやろ」

 

「ほれほれ、胸がドキドキするやろ」

 

「ほれほれ、問題発生やでー、大変やでー」

 

ジガオが、必死のパッチでささやいてくる。

 

(※僕の江後田自我男は大阪府の北摂出身)

 

 

真実の自分とは全く関係のない、

 

でたらめで無意味な、狂ったささやきを、

 

本当に意味がない、として認識してゆく。

 

 

バスから電車に乗り換え、

 

もういいかな、と思ったころで、背後へと戻る。

 

今、この瞬間に意識を戻し、

 

無限の全体への抵抗を一切やめ、

 

脱力して、背後の真の存在へ全てを委ねる。

 

圧倒的なハートの流れに身を任せ、

 

自分が完璧な愛の存在だと思い出す。

 

 

ジガオの囁きが彼方へと消えてゆく。

 

そんな囁きは嘘だ、と、まる分かりな場所で、

 

ジガオは愛へと変換されてゆく。

 

 

f:id:shusaku1:20200928004845j:plain

 👆 ついにマスク専門店が登場!

 

実験しゅーりょー!

 

ということで、会社に着いた。

 

改めてスカイプをチェックすると、

 

ピコンピコンの内容は、

 

ZOOMの招待URLをもらったけど、

 

うまく入れません、といった、IT部門と、

 

その他数人の人たちとのやり取りで、

 

なぜか関係のない僕もグループチャットに

 

入れられていただけの話だった。

 

あとは、エドワードからの、

 

バスが混んでいるのでちょっと遅れます、

 

というメッセージだった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

これからも、肉体を持って生きている限り、

 

ビクン、という反応は起き続けるだろう。

 

ジガオのささやきも、小さくはなれど、

 

完全に無くなりはしないだろう。

 

それでも、全然怖くはない。

 

愛の歓びだけが存在している場所に、

 

僕はもう帰っている。