香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

今、この瞬間の幸せ

f:id:shusaku1:20201001015526j:plain

 

今日は、明日からの〝創作お籠り〟に備え、

 

外でやるべきことを全てやった一日であった。

 

朝8時に起きて掃除をし、それから銀行へ行き、

 

散髪へ行ってから、ステーキ屋で昼食をとり、

 

午後からはジムで自主トレをして、そのあと、

 

マッサージ屋でマッサージをしてもらった。

 

夕方から夜にかけては、

 

いつものカフェで白ワイン&読書をし、

 

締めは行きつけのバーと相成った。

 

 

散髪では、いつものゼロフェードに加え、

 

刈上げ部分に一本〝スジ〟を入れてもらった。

 

これで、

 

「お、こいつは一本スジの通った男やな!」

 

と思ってもらえるかな?(笑)

 

ステーキはドリンク付きで900円だった。

 

今、トレーナーとの肉体改造計画の中で、

 

炭水化物を取らない期間なので、

 

このボリュームでこの値段はありがたい。

 

また、マッサージでは、

 

いつものように、自動ヴィパッサナー状態で、

 

今、圧されている部位の気持ちよさを感じ、

 

細胞を感じることで今に集中できた。

 

立ち寄った近所のカフェでも、

 

「今日も本を読みに来たのね。

 

 いつもの白ワインでいい?」

 

と、店員さんから訊かれるようになった。

 

そんな時、とても暖かいものを感じて、

 

すごくうれしくなるのだ。

 

f:id:shusaku1:20201001015450j:plain

 

こうして、今日一日、

 

今、この瞬間に起こっていることを受け容れ、

 

今、この瞬間に起こっていることに抵抗せず、

 

今、この瞬間に起こることに、何もせずにいた。

 

起こることを、完璧なものとして、見送る。

 

 

仕事上のあの事この事、が浮かんできても、

 

あの人が言ったあの事この事、を思い出しても

 

頭の中で起こっていることも、起こるに任せる。

 

 

自分は無条件に愛される存在であり、

 

愛そのものだ、という感覚に入り込みながら、

 

今のこの瞬間瞬間を過ごした。

 

f:id:shusaku1:20201001015520j:plain

 

全力で自分を愛する。

 

誰かが自分に攻撃を仕掛けて来たとしても、

 

それは相手の恐れが反映されているだけであり

 

自分とは何の関係もなく、責任もない。

 

 

こんなとき、人生は自分への愛で決まる、

 

と断言したアニータの言葉が思い出される。

 

爪を噛む自分も、ちょくちょくポカをやる自分も、

 

ある人の前ではどうしても卑屈になる自分も、

 

そのままで全部オッケー!

 

すべて完璧で、愛されるに値する存在だ。

 

 

もう、自己の前方vs他者の前方でやってきた

 

戦いを、全く、これぽっちも、信じなくなった。

 

たとえ、

 

ぎょえっ、となるようなことが起こっても、

 

断固として拒否できる。

 

 

ぼくはもう、背後の無限の全体でしか生きない、

 

と、はっきり、きっぱり、決断したのだ。

 

 

常に、背後の無限の全体に留まっていると、

 

自分は愛されていて、自分は愛である、

 

という自覚が蘇ってくる。

 

 

この、自分の内側を愛で満たしさえすれば、

 

外側の映像は勝手に愛の映像へと変わる。

 

自分の肉体の頭で考える、

 

〝こうなってほしい〟なんて、

 

たかが知れている。

 

兄貴は、自分には想像も及ばないやり方で

 

愛である自分にふさわしい絵を手配する。

 

自分はただ、背後を信頼し、自分を愛し、

 

自分ではない声に背を向けるだけでいい。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

とまあ、そんな感じで、今日一日を過ごした。

 

本当は、今日の夜から一切のSNSを遮断し、

 

創作に専念するつもりだったが、どうしても、

 

今日の在り方を記録しておきたかった。

 

そうなのだ、天国とは、神とは、兄貴とは、

 

場所や存在ではなく存在の〝在り方〟だった。

 

 というわけで、

 

ジンジャー・タウンも更新したので、

 

見ていただければ幸いである。

 

👇今日も更新したよ! 👇 

shusaku1.hatenadiary.jp

 

では、来週まで、今度こそ本当に、

 

サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ!