香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の二極化

f:id:shusaku1:20201009004346j:plain

 

香港にも秋の雰囲気が漂いはじめた。

 

気温は下がり、風もさわやかだ。

 

一方、年末へ向かう慌ただしさや、

 

秋特有の、胸がきゅっと締め付けられるような

 

物悲しさも相まって、そこから、

 

なんとも微妙な不安感が込み上げてきたりする。

 

それは、特に理由のない漠然とした不安感で、

 

生活に支障が出るほどのものではないが、

 

僕の場合、明日も仕事かあ、と思った途端、

 

ふっと、今、この瞬間に在る神からズレ、

 

ぞわぞわっ、と不安感が立ち現れてくる。

 

 

なんていうんだろう、

 

愛である自分が、無限の全体側として、

 

この幻想の世界を生き始めると、

 

これまで何の違和感もなくやれてきたことに、

 

大きな齟齬を感じるようになる。

 

例えば、

 

会社で毎日出退勤の打刻をするとき、とか、

 

稟議申請をして会社から許可を得るとき、とか、

 

問題があった時に周囲から批判されないように、

 

あらかじめこういう手を打っておこう、といった、

 

会社員なら誰でも普通にしていることが、すごく、

 

本質の自分にそぐわないものとして感じられる。

 

そしてこの、

 

ハートの愛の流れにそぐわない行動の数々が、

 

不安感を醸し出す要因になっている気がする。

 

 

f:id:shusaku1:20201009004219j:plain

 

二極間のパラダイムの乖離は深まるばかりだ。

 

新しいパラダイムへ移行するか、

 

それとも、これまで通りの現実に留まるか、

 

兄貴は決して僕に無理強いはしないが、

 

早急に決断を迫られているような感じが

 

しないでもない。

 

なんで兄貴はこんなに焦っているのか。

 

謎だ。

 

 

この流れの変化は、

 

背後側の無限の全体を真実としてやってゆく、

 

と決めた僕だけが感じていることなのか、

 

それとも、もっと全体的なものなのかは

 

分からないが、いずれにせよ、

 

このままではどんどん苦しくなるので、

 

この際どこかで決断を下す必要がある。

  

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

これまでは、

 

今、この瞬間に在る神に繋がってさえいれば、

 

自分は何もせずとも、自然に起こることが起こる

 

と気楽に考えていたし、よくスピで言われる、

 

二極化もそんなに信じてはいなかった。

 

しかし、

 

「絶対に悪いようにはしないから…!」

 

という声がずっと僕の中で鳴り響いていて、

 

たぶん、個の僕には計り知れない場所で、

 

何かが起きているんだろうな、

 

とは感じている。

 

 

 

くーーっ!

 

で、でも、

 

こ、こわいよーっ!

 

 

👇 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp