香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

背後で動いているもの

f:id:shusaku1:20201005213501j:plain

👆 チャーシューたまごご飯

 

これまで僕は、

 

アセンションや、次元シフトや、二極化、といった

 

〝宇宙的〟な変容にはあまり興味が無く、

 

こういうことが起こっても、起こらなくても、

 

まあ、どっちでもいいかな、

 

でも、あったら面白いな、くらいに思っていた。

 

そのスタンスは今でも変わってはおらず、

 

それよりも、

 

いま、ここに在る神に気づくことで、

 

罪も、分離も、本当に無かったことを智り、

 

この夢の世界から永遠に去ることのほうが、

 

僕にとっては重要である。

 

 

しかし、ここ最近、秋分の日の前あたりから、

 

自分の中で何かが変化してきている。

 

心の裏側で何かが変容を起こしている。

 

根底から揺さぶられるような感じがする。

 

なんかヘンだ、絶対になんか起こっている、

 

という、急激な〝持っていかれ〟感…。

 

 

それが具体的にどういう変化なのか、

 

言葉では上手く説明できないのだけれど、

 

身近な例で言えば、そうだなあ、例えば…、

 

日中仕事をしていて、

 

会議ではこう言っておいた方がいいかな、とか

 

この単価修正、また何か言われるかな、とか、

 

このメールの書き方だと、どう思われるかな、

 

というような、自然に湧き上がってくる、

 

小さな〝反応の想い〟に対して、

 

いつもなら、またジガ男が囁いてる、と、

 

自分を責めずに、兄貴へ渡して行くのだが、

 

なんかもう、そんな反応の想いにも反応しない

 

というか、

 

自分はもうここに居る人ではありません、

 

あなたたちとは違う世界を選んだ人です、

 

なので、恐怖をベースに仕事はしません、

 

あなたたちと同じ反応をすることはありません

 

という感じで、淡々と仕事をしている。

 

別に、偉そうにしているとか、上から、ではなく、

 

意識が完全に別次元の方を向いていて、

 

凛としつつも隔絶して、

 

ここに存在していられるのだ。

 

 

つい先日まで、不安だ不安だ、と言っていたのに

 

この急激な変化は謎である。

 

 

感覚的には、これまで居た世界から、

 

ゆっーくりと離れて行っている感じ。

 

その反面、

 

背後の無限の全体に意識を集中していると、

 

自分を全肯定してくれる少数の人たちと一緒に、

 

自分が豊かになれる仕事をしながら、

 

平安な毎日を送っている自分を感じる。

 

そのために自分が何かをする必要もなく、

 

ただ、無限の全体で在るだけでいい。

 

 

よくわからないけれど、ここ数日の不安感も、

 

急激な方向転換に対する〝好転反応〟的な

 

ものだったのかもしれない。

 

blog.hoshitani-shusaku.com 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

まあ、いずれにせよ、

 

背後の世界(神/実相/愛)に一点集中である。

 

shusaku1.hatenadiary.jp