香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

未来の書き換え

f:id:shusaku1:20201013225604j:plain

 

今朝、身支度をして家を出たところで、

 

「8号台風が発令されたので会社は休みだよ」

 

というエドワードからのチャットが入った。

 

香港では、政府が8号台風を発令すれば、

 

自宅待機となり、公共交通機関もストップする。

 

台風が通過中なのは知っていたが、

 

香港からはずっと離れていたので、

 

まさか、8号台風になるとは思っていなかった。

 

仕方なく、一旦家へ戻り、部屋着に着替えた。

 

 

自宅勤務が分かっていれば、あらかじめ、

 

会社のパソコンからバックアップを取り、

 

別のノートパソコンで仕事を継続するのだが、

 

今回は急だったので、それもできない。

 

しかたなく、チャットでやり取りをしたり、

 

メールを返したりと、できる範囲の業務をする。

 

 

正午になり、

 

冷凍餃子の昼食を取った後、少し瞑想をした。

 

背後の〝無限の全体〟に意識を集中させる。

 

f:id:shusaku1:20201013225618j:plain

 

もう、完全に背後側が日常になってしまった。

 

自分が本当に居るべき聖なる場所に

 

意識を集中させて存在していると、

 

恐怖をベースに生きている人たちに、

 

自分が合わせてゆく必要などないことが、

 

ありありと分かってくる。

 

また、自分が、無限の存在であり、

 

愛そのものであることが当たり前になってくると、

 

精神的にも、経済的にも、環境的にも、

 

豊かさをベースに生きている人たちの世界へ、

 

もうすぐ移行してゆけることも確信できてくる。

 

なぜなら、

 

そういう人たちの中にいる時の〝感じ〟を、

 

すでにいま、背後の内側で、

 

体験(体感)できてしまっているからだ。

 

f:id:shusaku1:20201013225550j:plain

 

瞑想後、しばらく仕事をした。

 

そのとき、突然、急激な睡魔に襲われた。

 

それはもう、抗いがたいほどの眠気で、

 

目の奥の方がジンジンと痺れたようになり、

 

どうしてもこれ以上目を開けていられなかった。

 

 

ベッドに仰向けになった。

 

沈み込むように、眠りに落ちてゆく。

 

途中、へんてこりんな夢をいくつも見た。

 

外は暴風雨で、雨粒が窓を打ちつけている。

 

 

眠りの中で、今日のこの台風の休みは、

 

兄貴による〝手配〟だったのだ、と思った。

 

背後でどんな作業が行われているのか、

 

僕には窺い知ることなどできないが、

 

僕の中のパラダイムや未来の設定が、

 

新しく書き換えられて行っているのは、

 

なんとなく分かる。

 

その証拠に、何かが刷新されてゆくような感覚が

 

後頭部にあったからだ。

 

多分、その作業を行なうために、兄貴は今日、

 

僕を一日休ませたのだろう。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

今後、会社で仕事をしていても、僕はもう、

 

周囲の〝恐怖〟に同調することは無いだろう。

 

だって、僕はもう、

 

すでに〝この場所〟にはいないのだから…。

 

👇 更新したよ!👇  

shusaku1.hatenadiary.jp