香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神がいっぱい

f:id:shusaku1:20201014234013j:plain

 

 

今日は仕事帰りに、

 

香港そごうのデパ地下をぶらついてみた。

 

マカロンで有名なパリに本店がある高級菓子店

 

DALLOYAU(ダロワイヨ)を見つけ、

 

懐かしさのあまり衝動買いしてしまった。

 

名前は憶えていないけれど、買ったのは、

 

ラズベリーチーズケーキとチョコレートのケーキ。

 

一個900円もする高級洋菓子だが、

 

まあ、たまには、ということで買って帰った。

 

f:id:shusaku1:20201014233958j:plain

 

夕食後の満腹時に食べると、

 

味わいが半減すると思い、帰宅後すぐに、

 

コーヒーを淹れ、ケーキを取り出した。

 

2個は無理なので、チーズケーキの方を食べる。

 

濃厚だけど、全然しつこくない。

 

酸味と甘みのバランスも最高だ。

 

おいしいーっ、と込み上げる至福感を味わう。

 

このとき、神を味わっているのだ、と思った。

 

 

美味しいケーキ、コーヒー、ワイングラス、本、

 

大好きなあの人、地下鉄のホームにいた美女、

 

など、そこに何かよさげなものがある、と、

 

その存在に気づいた瞬間、

 

僕たちは、本当は〝神〟に気づいている。

 

 

僕たちを夢中にさせ、感動させ、キュンとさせる、

 

物や、食べ物や、人の背後に流れている気配、

  

その気配に気づいていることが、

 

神に気づいている、ということである。

 

本当は、物や、食物や、人や、状況に、

 

惹きつけられているのではなく、

 

背後にある神に惹きつけられているのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

だから、

 

好きになってはいけない人を好きになった、とか

 

甘いものがどうしてもやめられない、とか、

 

緊張でドキドキしている、とか、

 

実際、その正体は神である。

 

なので、

 

神に罪悪感を抱く必要など全くない。

 

 

そのことに気づくと、ここには結局、

 

神の愛の想念しかなかったことに気づく。

 

僕たちは、もう、神の中にいたのだ。

 

 

👇 今日も更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp