香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分へ潜る

f:id:shusaku1:20201018210125j:plain

👆 〝一本スジの通った男〟になった!

  (一本じゃなくて、2本入ってるやん!

   分け目も入れたら3本やん!)

 

これはあくまで僕の個人的見解だが、

 

コース兄弟の人はどちらかというと、

 

〝自分〟という言葉に抵抗を抱く人が

 

多いような気がする。

 

 

肉体の私なんて無い、個の自分なんて無い、

 

神だけが真実で分離した個は幻想だ、

 

が基本ベースにあるため、個の私が、

 

判断したり、解釈をしたり、感じたりするのは

 

自我であり、故にそれは無だ、とする。

 

なので、赦しの実践においては、

 

自分で解釈せず聖霊に訊く、

 

自我の囁きや思いを聖霊に明け渡す、

 

起こっている事や、湧き上がる感情を、

 

ただ見過ごしてゆく、というふうに、

 

自分でやらない、明け渡す、ただ見過ごす、

 

ということをとても大切にしている。

 

 

究極の真理から見れば正しいと思う。

 

これに対して一切の妥協をしない、

 

という点において、僕も同じスタンスだ。

 

 

しかし、

 

赦す、聖霊に委ねる、他者の中に無辜性を観る

 

肉体は無い、世界は無い、神は在る、を、

 

真に体感として〝理解〟できるためには、

 

まずは、自分の内部が神の愛で満たされ、

 

自分が愛そのものだったことに気づくことが

 

先決だと思っている。

 

f:id:shusaku1:20200928004910j:plain

 👆日本の缶チューハイが180円。安い!

 

少し前までの、僕の赦しの実践としては、

 

これは起こってない、私はない、

 

と、聖霊に明け渡し、見過ごす前に、必ず、

 

起こっている事や、湧き上がってきた感情を、

 

一旦、きちんと見て感じるようにしていた。

 

 

個の自分が幻想であれ何であれ、実際に、

 

肉体を持ってこの夢の世界を生きているのには

 

何らかの理由があるはずであり、

 

その〝言い分〟を理解してやらない限り、

 

分離を決めた張本人である意識の〝自分〟が

 

〝戻ろう〟とするはずがない、と思ったからだ。

 

 

だって、

 

実践されている方ならお分かりだと思うが、

 

様々な不安感や、恐怖や、動揺が湧いた時、

 

形而上学通りにやっても、そうおいそれとは

 

見過ごせないし、明け渡せない。

 

これはもう訓練していくしかない、

 

と思いつつも、愛が見えてこないのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そこで、これってなんかおかしい、と思った。

 

自分がやっている実践には、自分に対する、

 

愛や、優しさや、感謝が無いことに気づいたのだ。

 

要するに、赦そうとして自分を責めている。

 

 

なので僕は、個の自分は無い、という、

 

無い方を注視するのではなく、それよりも、

 

在る方(神)へ意識を集中することにした。

 

自分の背後に広がる愛の流れに気づけば、

 

個の自分など無い、と自然に理解できるからだ。

 

無限の神側の視点に立てば、肉体も、

 

愛の反映の映像に過ぎないと分かるので、

 

私など無い、とバシバシしなくても、

 

先ずは、無限の全体の一部である自分に、

 

優しくすることに集中していればいい、

 

という意識になった。

 

 

そこから、劇的に僕の内部が変わり、

 

神が常にあることを感じられるようになった。

 

👇今日は、宇宙列車の乗り換えの話だよ!

shusaku1.hatenadiary.jp