香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

リラックス、リラックス

f:id:shusaku1:20201024022424j:plain

 

昨日もお伝えしたように、今日は友人達と、

 

塔門という香港の離島へ行く予定だったのだが

 

なんと、台風通過による波浪警報が出てしまい、

 

離島へ行く船が運航停止になってしまった。

 

台風と言っても、遠く離れた海南島沖を通過中、

 

ということで、香港の日常生活に影響はない。

 

せっかく早起きしたのに、突然、今日一日、

 

全くやることがなくなってしまった。

 

そんなとき、友人の一人からLINEがあり、

 

いきなりやることがなくなって退屈だから、

 

塔門の代わりに大澳へ行かないかと誘われた。

 

そこなら地下鉄とバスだけで行けるから、と…。

 

大澳と言えば、今年5月に行った、あそこだ。

 

僕は二つ返事で「行く!行く!」と伝えた。

 

 

タイムズスクエアで友人と待ち合わせ、

 

電車とバスを乗り継ぎ、大澳へ向かった。

 

 

目の前には、

 

半年前と変わらない景色が広がっていた。

 

風はさわやかで、一滴の汗もかかない。

 

 

おじさんがのんびり釣りをしていたり、

 

ネコが完全リラックスで日向ぼっこしていたり、

 

おばちゃんたちが、路地のベンチに腰掛け、

 

おしゃべりに花を咲かせていたり、と、

 

村全体が平穏で、くつろいだ空気に満ちている。

 

f:id:shusaku1:20201024022208j:plain

 

もちろんここの人たちも、日々生活上で生起する

 

あらゆる問題に対して、ある時は怒り、

 

ある時は悲しみ、ある時は喜びながら、

 

人生という時を過ごしている。

 

ただ、

 

彼らは完全に今を生きているように思えた。

 

腹が立てばその場で怒り、悲しければ泣き、

 

うれしいことがあれば、大声で笑う。

 

そして、それらの想いが過ぎ去れば、

 

まるで無かったことのように、

 

今、湧き出ている感情に集中している。

 

おそらく彼らは、今だけに集中することで、

 

自らの人生を全肯定して生きているのだろう。

 

 

このような思索にふけりながら、

 

僕も、この瞬間に在る平安を味わいながら歩く。

 

f:id:shusaku1:20201024022257j:plain

f:id:shusaku1:20201024022222j:plain


 

前回、朝食を取ったヘリテイジホテルへ来た。

 

アフタヌーンティーが目的だったのだが、

 

土日限定で平日はやっていないという。

 

仕方なく引き返した。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

とまあ、こんな感じで、

 

午後5時過ぎに自宅へ戻ってきた。

 

非常に疲れたが、とてもいい疲れだった。

 

とても眠いので、明日につづく…。

 

shusaku1.hatenadiary.jp