香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦して感じる

f:id:shusaku1:20201103191141j:plain

 

アメリカ大統領選で接戦が続いている。

 

僕はどちらかと言えばトランプ派である。

 

周りばかり気にして何もしない人より、

 

たとえ、極端な言動であっても、明確にこうする、

 

とはっきり示して実行してくれる人の方がいい。

 

それにトランプが落選すれば、今後中国が、

 

やりたい放題になると懸念されてもいる。

 

それにしても、

 

まだ結果が確定していないにもかかわらず

 

勝利宣言してしまうトランプ氏、

 

こんなオレオレ主義が支持される国で生まれた

 

奇跡講座はやはり、

 

他責型アメリカ人向けに書かれたものだ

 

と言えるだろう。

 

なので、

 

自責国家で育った日本人が実践する際は、

 

まずこの点を理解しておくべきだと、

 

感慨を新たにした次第である。

 

f:id:shusaku1:20201103191155j:plain

 

と、話は変わって、

 

奇跡講座では〝赦しの実践〟が、

 

とても大切な要素のひとつになっている。

 

もちろん僕も、このブログで書いているように、

 

それぞれの時代に差し出されたレッスンを、

 

その時々のレベルで精一杯赦してきた。(と思う)

 

 

赦しの第1ステップ:原因の所在を認識する

 

赦しの第2ステップ:聖霊と共に幻想を直視する

 

赦しの第3ステップ:聖霊による原因の取消し

 

(微妙に違っていたらすんません!)

 

 

これら〝赦しの3ステップ〟も、

 

僕の場合は、気づいて、感じて、見過ごす、

 

という感じでやっていた。

 

そして、

 

何を赦した時だったのかはもう忘れてしまったが

 

ある時、赦しが起きた後に、わわわーっと、

 

愛おしいような、全肯定されているような、

 

何とも形容しがたい、優しく穏やかな気持ちが

 

心の中にあふれてきたことがあった。

 

それ以降、この愛の気持ちを感じることが、

 

赦し完了の目安、となった。

 

 

今ではもう、愛の方が先行しているというか、

 

抵抗をやめて無限の全体側へ向かえば、

 

自分がすでに愛そのもので赦された存在だった

 

ことが自動的に体感されてくるので、

 

ある意味、何もしないことが赦しとなっている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

その赦しの過程で、僕にとって大きかったのは、

 

自分の内側に在る神に気づいたことだ。

 

神の愛の歓びが常に流れており、

 

自分はもともと〝それ〟そのものだった、

 

ということを体感として経験できた瞬間から、

 

何かをしているように見える兄弟は存在せず、

 

自分も前側(前方)にはいない、ということが、

 

理論ではなく、本当に理解できたのだ。

 

 

最初、この神の感じに触れた時、

 

自分はエゴの世界を天国のように感じている、

 

と思って、すぐさま封印した。

 

すると、逆に不安感がぞくぞく出てきて、

 

エゴの世界に独りぼっち的な感覚に襲われ、

 

もういいや、と抵抗を止めて飛び込んだら、

 

全部が神(父)だった、となった。

 

 

量子力学では、同じ振動数同士の素粒子が、

 

互いに引き寄せ合うのだという。

 

日常のほんの小さな歓びから神を見出す。

 

それが、天国の愛に気づく呼び水となる。