香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

豊かさがいっぱい

f:id:shusaku1:20201119185838j:plain

 

今日は外出をして早く仕事を終われたので、

 

久々に行きつけのバーに寄ってみた。

 

本当に久しぶりで、まだ時間が早かったせいか、

 

お客は僕一人だけだった。

 

いつものジンリッキーを作ってもらい、

 

マスターと話をした。

 

レストランの営業はほぼ通常通りに戻っているが

 

バーに関しては、クラスターが発生したりして、

 

まだ午前零時までの営業規制があるのだという。

 

そのため、お客は戻ってきているものの、

 

夜11時過ぎにはラストオーダーとなるため、

 

週末など、売上が半減してしまうらしい。

 

香港は狭いので、終電を気にする必要がなく、

 

タクシーに乗っても1000円以内で帰宅できる。

 

そのため、週末のバーやクラブは、

 

深夜零時から客が集まるのが普通なのだ。

 

それに、6人席でも2人しか座れず、

 

フルで客を入れられないというのもある。

 

1日の感染者数が20人程度の香港でも、

 

ここまで徹底しているのに、それに比べれば、

 

日本ってすごくユルユルに感じてしまう。

 

 

二杯目は、紅茶のカクテルを作ってもらった。

 

紅茶のリキュールとジンを使ったお酒で、

 

味は〝ザ・酔う紅茶〟という感じ。

 

 

このカクテルをすすりながら『夜と霧』を読む。

 

静かなバーのカウンターで、グラスを傾けつつ、

 

収容所の物語を読むのは、何とも切ないが、

 

本の内容自体、心理的な描写が多いので、

 

すっ、と物語の中へ入って行けた。

 

f:id:shusaku1:20201119185901j:plain

 

ほろ酔い気分でバーを出た。

 

時間は午後6時過ぎで、まだ宵の口だった。

 

横断歩道を渡ろうとしていたとき、

 

向こうから桃色のミニスカートを穿いた、

 

ギャルっぽい女の子がやってきた。

 

オシャレをして満たされている彼女を見た瞬間、

 

ものすごく幸せな気持ちが込み上げてきた。

 

なんか理由もなく、豊かだなあ、と感じたのだ。

 

 

ふっと見せる同僚の笑顔、スタバのコーヒー、

 

道行く人々の喧騒、夕暮れ時の市場、

 

普段は当たり前のように見過ごしているけれど、

 

周囲には豊かさが溢れている。

 

なのに僕たちは、足りない足りないと言っている。

 

どこか、お金に直結した金銭的価値のあるもの、

 

自分だけが手にしたものを豊かだと思っている。

 

NO―!である。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

周囲に在り、今もここに在る豊かさに気づくことが

 

神に気づくことだと、ようやく理解ができた。

 

そして〝ああ、豊かだなあ〟という感じこそが、

 

本当の自分そのものなのであった。

 

そうやって、

 

自分はいつも巨大な豊かさ(愛)の中にいて、

 

神の中にいることを智るのだ。

 

shusaku1.hatenadiary.jp