香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

弾丸上海

f:id:shusaku1:20191224000631j:plain

 

なぜか、上海にいる。

 

去年、上海で契約したチャイナモバイルのケータイが、

 

来月で期限切れとなるため、その更新に来たのだ。

 

このためだけに上海へ来るのもどうかなあ、と思ったが、

 

更新は上海でしかできず、WE CHATも、アリペイも、

 

すべて、ケータイ番号にヒモ付けされているので、

 

このケータイ番号が使えなくなると、チョー面倒なのだ。

 

 

日曜の夜に上海へきて、月曜の午後に香港へ戻る。

 

夜、9時半くらいにチェックインしたあと、

 

ホテル内のスパで足の裏の角質取りをしてもらった。

 

偶然にも、前回と同じ施術師さんだった。

 

足をマッサージしてもらいながら、彼と色々な話をした。

 

彼はいま、春節に田舎へ帰る汽車の切符を買うことが、

 

唯一にして最大の心配事なのだという。

 

毎日、午後三時に売り出される切符をゲットするため、

 

スマホのアイコンを三時ちょうどにクリックするのだが、

 

連日完敗が続いているそうだ。

 

予約販売は1か月前からなので、その日に買えなければ

 

一日、故郷へ里帰りする日が延びてゆくことになる。

 

彼は今回、故郷で結婚相手を見つけるつもりだと言い、

 

「このマッサージ店にも女の子はたくさんいるじゃん。」

 

と僕が言うと、

 

「上海の女の子は誰も僕なんか相手にしてくれないよ。」

 

と、僕の足の爪を切りながら弱気だ。

 

僕は、彼を励ます意味で、チップを100元渡した。

 

彼はとても感激してくれ、少し元気が出たようだった。

 

 

このように、日常生活でのやり取りを普通にしながらも、

 

自分がいま夢を見ていて、この映像は実在ではない、と、

 

解かっている状態で世界に対峙している。

 

もう、何が起こっても、起こらなくても、

 

神だけが実在でそれ以外は実在しない、というスタンスで

 

世界に反応せず、湧き上がる思いを見すごしながら、

 

起きることに対し、普通に、常識的に対応してゆく。

 

一旦、世界を実在させてから赦すのではなく、

 

初めから、これは夢だという位置から世界を観るのだ。

 

なぜなら、自分が実存させたものを見て、

 

それを見すごすことなどできないと思うから…。

 

f:id:shusaku1:20191223030133j:plain

 

あくる朝、中国移動のショップに向かえば、

 

開店前の店の前はすでに多くの客でごった返していた。

 

開店時刻の9時半になり、保安員が扉を開けた途端、

 

客たちが店内へと団子状態でなだれ込んだ。

 

そのまま彼らは整理券を配るスタッフへと突進してゆく。

 

肘で相手を押しやる、横入り、怒声、整理券が宙を舞う。

 

おお、これぞ中国、やっぱり中国はこうでなくっちゃ、

 

と感心する反面、自分も早く〝獲りに〟行かねば、

 

という突発的な衝動に駆られる。

 

 

「これは夢なんだ、などと、悠長に構えていたら、

 

 すぐに整理券がなくなり、何時間も待つ羽目になるぞ、

 

 さあ、勝ちに行け!でないと、どえらい目にあうぞ!」

 

という自我の声が聞こえてくる。

 

以前の僕であれば、やっちゃってから赦してたのだろうが

 

今回は最初から、映像自体を信じていなかった。

 

いくつもの違うバージョンで撮られた、

 

古い映像のひとつを見ているような感覚で眺めていた。

 

なるほど、夢の中でも兄弟は何もしていない、

 

だから兄弟に罪はなく、ゆえに、自分にも罪はない。

 

 

で、結局、僕がゲットしたのは8番目の整理券。

 

日本人代表としては、かなり頑張ったほうだと思う。

 

f:id:shusaku1:20191224000625j:plain

 

上海航空の機内では、ずっと神を感じていた。

 

明日はイブで、明後日からはクリスマス休暇が始まる。

 

何といってもクリスマスなので、

 

今週は、まったり、Jの中にたゆたっていることにする。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com