香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

魚(うお)の目、人の目、自分の目

f:id:shusaku1:20201209083644j:plain

 

今日は在宅勤務である。

 

通勤時間や昼食代が省け、

 

ちょっとした私用で出かける事も可能なので、

 

在宅の方が助かる、と言う人も多いけれど、

 

僕はやっぱり出社勤務派である。

 

仕事とプライベートのオンオフがつくし、

 

仕事帰りにどこ行こうかな、と考えるのも楽しい。

 

f:id:shusaku1:20201210061754j:plain

 

で、昨日、会社の全体集会があったのだ。

 

全体集会と言っても全部で40人足らずなのだが

 

僕は香港オフィスからZOOMで出席した。

 

 

社長が冬季賞与に関する訓話を述べ、

 

ひとりひとりに賞与明細の封筒を渡してゆく。

 

その時、僕は香港オフィスの自分の席から、

 

PCの画面越しに、この様子を見ていたのだが

 

一連の集会の間、

 

全員が起立している事に気付かなかった。

 

それで、ぼーっとしていたら、いきなり、

 

「星谷さん、全体集会なので起立して下さいっ!」

 

と司会者からの声が飛んだ。

 

はっ、となり、謝りながらすぐに起立した。

 

 

以前の自分だったら、みんなの前で恥をかいた、

 

と、3日くらい立ち直れなかっただろう。

 

この瞬間のことを、何度もぐじぐじ思い出しては、

 

みんなからどう思われただろう、と、

 

何度も自分を責め、不安に苛まれていたはずだ。

 

 

だが、今回は、もう、大爆笑。

 

ああ、全然気づかなかったあー、すんません、

 

で、終わり。

 

なんだか、同僚兄弟たちがとても優しく見え、

 

攻撃される恐怖が全く湧いてこなかったのだ。

 

f:id:shusaku1:20201210061807j:plain

 

集会の後の昼休み、

 

これってどういうことなんだろう、と考えてみた。

 

しばらくして、それは自分を裁かなくなった結果だ

 

という結論に至った。

 

 

そもそも、人の目が気になる、というのは、

 

〝自分が自分を裁いている目〟が気になる、

 

ということである。

 

 

どういうことかというと、

 

通常、自分一人でいるときは、

 

自分を裁く目がひとつしかないのに対し、

 

これが例えば、40人の人の前に出ると、

 

自分を裁く目が40個もできてしまい、

 

恐怖や不安感も40倍に増幅されてしまう。

 

それで、人の目が怖くて仕方がなくなる。

 

しかし、

 

人に責められているように見えて、本当は、

 

自分が自分を取り締まる目に責められている。

 

 

それが僕の場合、

 

一切の自分責めを止める、と決心し、

 

本当の自分は愛の存在であることを

 

少しずつ思い出していった結果、他人の目が、

 

自分で自分の正しさを監視する〝目〟から、

 

自分を慈しみながら見守る〝愛の眼差し〟へと、

 

変化していったのだと推測する。

 

☟ 五年前の12月

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

まあ今回の〝星谷さん起立してください事件〟は

 

実際、そんなに大げさな事でもないのだろうが、

 

僕にとっては、

 

自分が癒されていっていることを確認できた、

 

とてもうれしい出来事であった。