香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

責めどころ

f:id:shusaku1:20200729011550j:plain

 

爽やかな風が吹く土曜の午後、近所のカフェで、

 

ワインを飲みながら読書でもしようと、

 

財布や、本や、スマホを片手にアパートを出た。

 

あちゃぁー。〝閉店ガラガラ店じまい〟していた。

 

街を歩けば、シャッターを下ろした店が目立つ。

 

巷ではテイクアウトやデリバリーが主流だが、

 

レストランやカフェやバーというのは、

 

店の雰囲気や店主のこだわりも含めて、

 

のものなので、料理が食べられればよい、

 

というものではない。

 

f:id:shusaku1:20201213041039j:plain

 

前回の記事でも書いたが、

 

赦しの実践以前に、絶対的に必要なのは、

 

〝自分責め〟をやめることだと気づいてから、

 

僕の心の反映である世界が一変してしまった。

 

 

少し前までは、赦していくうちに、

 

だんだん自分を責めなくなっていくんだろうなあ、

 

と思っていたがそうではなかった。

 

もう、何度も、何度も、何度も、繰り返し言うが、

 

神と同じ存在である自分を攻撃しながら、

 

神に戻ってゆくことなど絶対にできないのだ。

 

自分を責めていることに罪悪感を感じつつ、

 

聖霊、こんな間違った思いを修正してください、

 

と祈っても、自分がそう信じてしまっているので、

 

赦すことなど、どうやっても無理なのである。

 

逆に言えば、自分を大切にすること、

 

愛で満たすことで全てを赦すことができる。

 

 

じゃあ、どうやったら自分責めがなくなるのか、

 

となるのだが、それこそ自分に訊くべきだ。

 

人それぞれ〝責めどころ〟が違うため、

 

誰かの体験を参考にはできないのである。

 

 

僕の場合、徹底的に自分と会話をした。

 

そして、自分を絶対的に肯定した。

 

「こんなこと言われて傷つくのは当然だよ」

 

「ここで怒って何が悪い。それでいいんだよ」

 

「ダメでも大丈夫、たいしたことじゃないから」

 

「あんなやつムシムシ。自分は自分だよ」

 

自分を責めている人というのは、

 

基本、自分が間違っていて他人が正しい、

 

と思っているので、

 

まずは自分を肯定することから始める。

 

 

他人をコントロールすることは難しいが、

 

自分の考えを変えることなら可能なはずだ。

 

なので、自分を責めない。

 

お願いだから、

 

どんな手を使ってでも、自分なりの方法で、

 

まずはこれだけをやってほしい。

 

他人なんてどうだっていい。

 

どうかどうか、

 

優しく自分に寄り添ってほしい。

 

絶対にあなたの世界が優しくなると保証する。

 

赦しはそれからだ。

 

☟ 6年前のこの記事、自分でもすごいと思う。

相手と対峙せずに相手が変わることを望む。

これこそ自我で隠蔽だ!

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

と言う感じで、あと一週間で冬至である。

 

この冬至以降、新たな風の時代が始まると、

 

スピ界では言われているが、

 

僕の心を象徴する僕の現実世界に於いては、

 

どうやらこれは事実のようである。

 

☟更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp