香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

優しい土曜日

f:id:shusaku1:20201220031426j:plain

 

 

昨日が僕の誕生日だったということで、

 

香港人の友人たちが今日、

 

僕をアフタヌーンティーに招待してくれた。

 

本来は、ホテルでランチビュッフェをしよう、

 

ということだったのだが、

 

コロナ禍でレストランが6時で閉店する上に、

 

人数制限、週末、クリスマス前という条件も重なり

 

昼間のレストランはどこも予約で満席だった。

 

f:id:shusaku1:20201220031437j:plain


 

仕方がないので、焼肉食べ放題にでも行くか、

 

と言っていた矢先、友人がたまたま、

 

とある小さなホテルでの会議に参加した際、

 

アフタヌーンティーをやっていることを知り、

 

聞けば、まだ空きがあるというので、

 

ソッコー予約を入れてくれたのだった。

 

f:id:shusaku1:20201220031449j:plain

 

で、今日、そのホテルの39階へ行ってみると、

 

そこはビクトリア湾や九龍半島が一望できる

 

VIP用の小さなパーティー会場で、しかも、

 

今日の予約は僕たち三人だけだった。

 

こういう中小のホテルは、コロナ禍の影響で、

 

団体宿泊客や出張客が皆無となり、

 

レストランの質で生き残りを図っている。

 

それでこのホテルも今は、最上階のVIP会場を、

 

レストランに変更して営業していた。

 

f:id:shusaku1:20201220031501j:plain

 

それにしても、他のレストランは全て満席なのに、

 

ここだけ僕達三人の貸し切りって、どういうこと?

 

ウェイターに尋ねると、いつもは満席なのに、

 

なぜか今日だけ、予約が入らなかったらしい。

 

f:id:shusaku1:20201220031707j:plain

 

お茶の種類も豊富でスコーンやケーキも美味い。

 

自分たち以外誰もいない静かな空間、

 

食物が美しく盛られた三段重ねのティースタンド、

 

タキシードを着た優雅なウェイター、

 

それに何より、素晴らしい景色を眺めながら、

 

静かにお茶をするなんて、なんという贅沢!

 

 

最高な、今、この瞬間を味わいながら過ごした。

 

この平和でありがたい感じ、優しい感じは、

 

まさしく神の気配そのものだ。

 

そして、この神の気配を感じ取る力こそが、

 

いま、最も必要なことなのかもしれないと思った。

 

f:id:shusaku1:20201220031653j:plain

☝ どこのレストランも満席なのに、

  ここだけガラガラ。奇跡だ!

 

せっかく神が、

 

素晴らしい景色となって顕われてくれているのに

 

心地よい空間となって愛を放ってくれているのに

 

僕達はいつも、

 

明日は、これをやって、あれをやって、とか、

 

あの厄介事はどう解決すればいいだろう、とか、

 

なんであの人はいつも攻撃ばかりしてくるのか、

 

と、意識を常に今以外の場所へ向けがちだ。

 

これは、心の中で自分を追い詰め、

 

眼前の神を無視している、とも言える。

 

なので、今この瞬間、

 

眼前に顕われている神の反映をちゃんと見る。

 

f:id:shusaku1:20201220031730j:plain

 

とまあ、こんな感じで、優しい友人に囲まれ、

 

心からのやすらぎと、感謝の中で、

 

静かに神を味わった、

 

今年の僕の誕生日であった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

☟ 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp