香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

消えてゆく日曜日


↑レストランの席から見たビクトリア公園の様子。
 〝航空潜在展〟なるイベントが開催されている。


先日、僕が考案し、兄弟てっちゃんにも伝授済の、

香港律動体操(腰くびれブーメラン体操)を、

工場のオフィスでやっていたら、海坊主總經理から、

「いま星谷さんが、変な儀式をしながら、

 工場中に気のような波動を送っているって、

 みんなが噂してますよ。」

と耳打ちされた。


僕は普段、工場では不思議系の話はしないのだが、

中国人スタッフの間では、かなりの不思議ちゃん

で通っているらしい。

僕の律動体操によって(笑)、

びりびりした波動を感じた、という人もいて、

そういう意味では、みんなが投影している僕って、

かなりの神通力があるようである。


ということは、

ジムで瞑想している姿も他の人たちから見ると、

かなり奇異に映っているのかもしれない。

香港律動体操もフロアのど真ん中でやってるし…。


しかし、とにもかくにも、そんな甲斐あって、

僕のお腹はかなり凹んだ。いや、すごく凹んだ。

横むきになって鏡に映してみても、

お腹がまっ平らで、隆起がない。

たった2か月炭水化物を摂らないだけで、

ここまでになるなんて…。恐るべし、炭水化物!


でも、今週から来週にかけ、

クリスマスの5連休と元旦3連休が控えており、

おそらく、ここが誘惑の山場となりそうだ。

ここさえ乗りきれば、

「ワタクシ、痩せましたの、おーほほほ…!」状態で、

来月、日本へ凱旋帰国できるはずだと確信する。


しかし、日本にはコンビニという天敵があるため、

この成果も、すぐに元の木阿弥となるだろうから、

痩せている姿を見せておきたい日本の友人には、

まだ痩せているであろう最初の3日間のうちに、

全部会っておこうと計画している。


↑コーズウェイベイのホテルでビュッフェ。
年末、と言うわけで、休日に家の片づけをした。

本、洋服、台所用品、調味料、古い洗剤、文具など

いらないものは、もう、バンバン捨ててゆく。

引き出しをチェックしてみると、

なぜか物差しが5本もあったり、

至る所からボールペンが出てきたりと、面白い。


その中でも特に面白かったのが、スピ本の選別だった。

たぶん、もう読まないだろうなと思うようなスピ本を

次々と捨てる箱に入れ、終わってから眺めてみると、

それが全部日本人が書いた本だった。(笑)

結局日本人の本で残ったのは五井さんの1冊だけ。

これはどういうことなのかと何冊か本をめくってみた。

日本のスピ本って、作者や内容云々よりも、

出版社の編集が均一化されすぎているように思う。

万人受けするように、怪しまれないように、

一般の人が読んでも引かれないように、と、

極力マニアックな部分や過激性を抑え、

ふわっと、ポップな感じに構成されている。

まあ、これは〝今の〟僕の個人的な意見なのだが、

どこかハートマーク満載の、

〝軽っぽい〟本に見えてしまうのだ。


それにしても、

家の中は自分の心の中を体現していると言うが、

きっと、僕の心の中にも、こういう不要なものが、

〝想いのカス〟となって、

数多く散らばっているのだろうな、と思った。

なので、片づけているときも、

ひとつひとつの不要物を、

自分の中にある〝投影の元ネタ〟と見たて、

〝ありがとう。さようなら〟と言いながら、

ゴミ袋に入れていった。

なんか、部屋の片付けがセラピーのようになり、

最後は心の断捨離ができて、とてもすっきりした。


↑ザ・タンパク質!

で、今日18日は僕の誕生日ということで、

友人(女性/香港在住/日本人/独身/40代)が、

ビュッフェに連れて行ってくれた。

こうやって、お祝いしてくる人がいるのは、

本当に有り難い次第である。

それでも、低糖質ダイエット中の僕は、

麺類、ご飯類、パン類、ケーキ、穀物類、を避け、

刺身、ローストビーフ、エビ、ステーキ、など、

タンパク質を選んで食べる。

ケーキも、ワッフルなどの粉物でなければOKだ。

まあ、炭水化物でなければ何をいくら食べてもよい、

という点が、このダイエットの優れたところである。


今週は、木曜日まで4日間会社へ行くと、

クリスマスの5連休に入る。

もちろん連休は家にお籠もりの予定だ。

よし、それを糧に今週もがんばるか!