香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

一周まわって自分責め

f:id:shusaku1:20201215004714j:plain

 

本社から、

 

年内いっぱい在宅勤務するよう通達が来た。

 

どうしても出社しなければならない場合は、

 

午前10時から午後4時までの時短勤務となる。

 

それで、今日は定例部門長会議だったので、

 

オフィスからZOOMで参加をした。

 

 

自分の発表パートも無事終わり、

 

他の部門長が発表しているのを、

 

他の仕事を片づけながら聞いていた。

 

その中で、あるサービス部門の女性リーダーが、

 

先月の実績について報告を始めたとき、

 

社長から彼女に、

 

何度も激しいダメ出しが入った。

 

しどろもどろに答える彼女。

 

その様子を見て僕は、

 

気の毒ーっ、と思うと同時に、

 

ああ、これが自分でなくてよかったあ、と、

 

安堵の思いに浸っている自分に気づいた。

 

 

そうやって、他の人の発表を聞きつつ、

 

フィリピン工場の財務資料のチェックをする。

 

ん?

 

バランスシートのバランスが合わない。

 

どうやら資産側の数字が間違っているようだ。

 

で、当然のように先方の財務担当者へ、

 

間違いを指摘するチャットを入れようとした時、

 

鬼の首を取ったように、嬉々として、

 

人を責めようとしている自分を発見した。

 

f:id:shusaku1:20201215004701j:plain

 

 

自我だ、と思った。

 

 

この災難が自分でなくてよかったあ、

 

あの人が犯した小さな間違いを見つけて

 

ほくそ笑んでいるのは、

 

自分がこんな立場になったらどうしよう、

 

人から間違いを指摘されたらどうしよう、

 

という、自分が責められる恐怖の裏返しだ。

 

罪悪を他者に転嫁することでホッとしている。

 

これって、一周まわって自分を責めている。

 

 blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

しばし、仕事の手を止めてそっと瞳を閉じ、

 

無限の全体へ意識を向ける。

 

そして、自分や他者が、

 

ひとつの同じ愛そのものの存在であったことを

 

静かに思い出してゆく。

 

 

こんな思いを抱く自分は神から離れている、

 

まだ自我の世界に留まりたいと思っている、

 

相手に罪を見て自分は潔白だと安堵している、

 

と、自分を責める方向へ向かうのではなく、

 

全てが愛そのものとして存在している場所へと、

 

意識を一転集中させるのだ。

 

 

 〝これ、自我男じゃん!〟と認めたら、

 

ソッコーそこから立ち去り、

 

そもそも自分が愛それ自体だった事を思いだす。

 

 

自我に気づき、

 

でっち上げであることを見抜いて、そこから、

 

意識の方向転換をすることで神を思い出すのだ。