香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

コースあるある

f:id:shusaku1:20201225014742j:plain

 

今日は出社勤務だった。

 

日本から賞与明細が送られて来た。

 

期待してなかったけどボーナスちゃんと出た。

 

このご時世に、本当にありがたい限りである。

 

改めて、社長、ごっつぁんです!

 

 

で、あのビアカフェにまた行っちゃった!

 

テラスの壁際に、ひな壇のようになった、

 

高い所に座って飲むテーブルがあり、

 

そこで、7%のノルウェービールを飲んだ。

 

高い場所から、

 

顕われては消えてゆく世界を眺めるのって、

 

兄貴の視点から見ているようで、気分がいい。

 

そういえば、今日はクリスマスイブだった。

 

しかし、香港の飲食店は全て6時で閉店である。

 

そして、この措置は1月6日まで継続される。

 

僕も明日から5連休に入るが、今年は思い切り、

 

内側で過ごすことにする。

 

f:id:shusaku1:20201225014808j:plain

 

話は変わって、定番の〝コースあるある〟に、

 

聖霊に尋ねなさい、導いてもらいなさい、

 

と言われて、いろいろ尋ねてみるけれど、

 

全然返事が来ない、何も聞こえない、

 

明け渡した感も全然ない、というのがある。

 

聖霊の視点で観るんですよ、と言われても、

 

どこが視点なのかもさっぱり分からない、

 

っていうやつ。

 

 

このように、

 

自分と聖霊との間に意識のギャップがあると、

 

いきなり聖霊に繋がろうとしても、

 

振れ幅があまりに大きすぎて、なかなか難しい。

 

もともと僕たちは、自分の心に問いかけることに

 

慣れていないし、本音に耳を傾けることも少ない。

 

 

なので、僕の場合、先ずは手始めとして、

 

自分の声を聞くことから始めた。

 

一人芝居のように、心の中に存在する、

 

本音の部分の自分と会話をする。

 

聖霊は本当の自分を象徴しており、

 

本当の自分の声を代表するものでもあるので、

 

自分の本音の声を聞かずして(隠蔽も含めて)、

 

聖霊兄貴の声を聞こうとしても絶対に無理だ、

 

と思ったのだ。

 

f:id:shusaku1:20201225014755j:plain

 

 

「なんであんなこと言われなきゃいけないんだ」

 

👉ほんとムカつくよな。どう?今赦せるかい?

 

👉だめだね。だから今はとりあえずふて寝する。

 

 

「エレベーターに乗る?それとも階段を使う?」

 

👉2階だし、階段でいいんじゃないか

 

👉そうだね。あ、でも、エスカレーターがあった

 

 

「本当はイヤだって言いたいけど、どうする?」

 

👉怖いから、今回はスルーしようかな

 

👉でも、すっごいモヤモヤしてるよね。

 

👉うん、本当はすっごくやりたくない

 

👉じゃあ、今回はちゃんと相手に伝えてみよう

 

 

普段は人の目を気にしたり、空気を読んだりして

 

もわもわっと無意識的に決めている事柄に対し、

 

ちゃんと本音を確認(相談)してやることで、

 

本当はどうしたいのかを明確にしてゆくのだ。

 

結果出てきた答えが、アイツ殺す、であっても、

 

こんな考えダメダメ、と思いを否定せずに、

 

先ずは、自分の本音を全部受け入れてやる。

 

その上でどうしたいか、例えば、赦したいか、

 

または、実際にアクションを起こしたいか、

 

を、本音の自分と一緒に決めてゆくのだ。

 

 

自分のことを解かっていない責め責め状態から、

 

いきなり聖霊へ針を振ろうとしても無理だ。

 

だから、一歩一歩いく。

 

 

そうやって、自分の内面の声と向き合いながら、

 

〝自分対話〟を繰り返していくうちに、

 

〝本当の自分に気づいている状態〟となり、

 

やがて自分の声は聖霊の声へと移行していく。

 

 

今の僕は、

 

無限の全体の方が完全リアルになってしまい、

 

もう〝自分対話〟は必要なくなってしまったが、

 

今思うと、このプロセスなしに、

 

今に気づいている、神に気づいている、

 

そして、それら全体が自分そのものだった、

 

という場所へはたどり着けなかったと確信する。

 

 

実存への入り口は自分の内部にある。

 

内側を進み、神に気づけば、

 

個の自分が無かったことを自然と理解する。

 

 

👇 年末と言えば紅白、紅白と言えば天城越え!

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com