香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦すことを許す

f:id:shusaku1:20210111231726j:plain

👆 去年のデモをモチーフにした絵

 

 

今日は一日、家でうだうだしていた。

 

午前中、掃除、洗濯、アイロンがけ、と進み、

 

正午になると、探偵ナイトスクープを見ながら、

 

出前のピザを食べた。

 

それから、創作をしたり、本を読んで過ごした。

 

 

夕方、なんか眠くなり、ベッドで少しまどろんだ。

 

ふわふわと宙に浮いたような意識の中、

 

天井をボーっと眺めていた時、突然、

 

「ああ、もう、丸ごと、ぜーんぶ赦そう!」

 

という強烈な〝想い〟が湧き上がって来た。

 

するともう、気が抜けたように身体が軽くなり、

 

「全てを赦す、赦すことを許せている、

 

 OK!OK!パラレル丸ごと赦してOK!」

 

みたいな感覚に凌駕されていた。

 

 

あの出来事のナンちゃらを赦す、とか、

 

内側に出てきたものに光を当て、とか、

 

トランス状態に入って意識が変容を起こした、

 

といったような感覚ではなく、なんていうか、

 

過去も、未来も、過去世も、分離のなんちゃらも、

 

何もかもを、ぜーんぶ、そのまま、まとめて、

 

赦していいや、赦してもオーケー、と、

 

言葉ではなく、体感での納得が起きたのだ。

 

なんか、吸っていた息を一気に吐き出した感じ。

 

f:id:shusaku1:20210111231746j:plain

 

赦しって本当は、

 

赦すことを自分に〝許可〟することだったのだ。

 

 

〝赦す〟と〝許す〟は違うんですよ、

 

と、よく言われるが、

 

赦すという〝ひとつ〟のことを自分に許せば、

 

自分の全てがすでに赦されていたことが、

 

体験として解かる。

 

玉ねぎの芯をガッ、と抜いたら、玉ねぎの皮が、

 

一斉にバサバサっと落ちました、みたいな感じ。

 

 

究極の赦し、とは、

 

赦している感じ、赦せている感触、

 

全て丸腰で赦されているという〝知覚〟であり、

 

何をどう赦しているか、ではない。

 

そのことを〝体感で悟っている状態〟のことをいう。

 

f:id:shusaku1:20210111231738j:plain

 

カチンと来ても、嫌なことがあっても、悲しくても、

 

全部そのままで赦しているその〝感じ〟なのだ。

 

イラ、ムカ、カチン、が消えることが赦しではなく、

 

ましてや、イラ、ムカ、カチン、

 

が出てきたから赦すのでもない。

 

 

やっぱりもう、

 

言語では到底、表現することなどできないや!

 

 

その〝赦していいや〟の感覚は、

 

いまもまだ僕の中で息づいている。

 

というか、自分は赦しそのものだったのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

自分は霊だ。

 

だから、この幻想世界で何がっても大丈夫、

 

だって、僕はここにはいない。

 

そのことを〝知覚体験〟できている。

 

これが赦されていることを許した結果だ。

 

 

 

今思ったのだが、ひょっとして今日は、

 

すごい日だったのかも…。

 

 

 

 

知らんけど…。