香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

天国と牢獄

f:id:shusaku1:20210118001837j:plain

 

 

自分は、

 

神から完全に赦され、愛されている完璧な存在だ

 

という本当の知覚が復活してくると、

 

これまでの自分が、

 

いかに狂っていたかを思い知らされる。

 

 

例えば、

 

突然、生活に大きな変化が起きたり、

 

失業したり、大切な人と別れたり、

 

やれていたことが急にできなくなったりすることが

 

本当は聖霊兄貴がもっとよいものを与えようと、

 

導いてくれているのかもしれないのに、それが、

 

僕達には、失望や損失として体感されたりする。

 

そんな時、失うことを極度に恐れる僕たちは、

 

変化が起きないように、職を失わないように、

 

大切な人がいなくならないように、

 

今と同じ状態がずっと続くように、

 

必死で、我慢し、抑圧し、

 

他者(幻想側)の意に沿って行動するようになる。

 

そして、いつの間にか、

 

閉じ込められているその場所が、

 

自分だけの幸せな場所だ、と勘違いしてしまう。

 

 

f:id:shusaku1:20210118001759j:plain

 

 

僕の場合、会社勤めこそが、まさしく、

 

自分で自分を幽閉した〝牢獄〟となっていた。

 

香港で多くの会社の福利を受けながら駐在し、

 

語学のスキルを活かしながら出張へも行けて、

 

そこそこ遣り甲斐のある職場ではあるが、

 

自分が本当は何者であったかを知った今、

 

それでも、ここに居たいか、と言われれば、

 

答えは〝ノー〟である。

 

自分は無限の全体そのものであり、

 

全ての力が自分に在ると解かったことで、

 

自分の中に決断のパワーが戻ってきたのだ。

 

 

ただ、誤解を避けるために言っておきたいのは、

 

本当にその仕事や職場が大好きで

 

会社勤めをしている方もおられるので、

 

これはあくまで、

 

〝僕の場合〟ということである。

 

 

また、現実に行動レベルで、

 

会社を辞めたり、何かを手放すことが、

 

自我を手放すことだ、と言っているのでもない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

本当の自分が、

 

無限の神の子だったことに気づいたはいいが、

 

肉体を持っている間はまだ、

 

この夢の世界に居続けねばならないとしたら、

 

自分は〝ここ〟に居たいだろうか、という、

 

素直な自分への問いかけである。

 

 

なぜなら、僕は今まで、

 

平安を失うことが怖い、と思っていたが、

 

本当は、牢獄を失うことが怖い、

 

と思っていたことに、今更ながら気づいたのだ。

 

牢獄に天国を見出そうとしていた。

 

ただ、このことに気づくには先ず、

 

背後の神(無限の自分)に気づくことが先決だ。

 

もし、自分の中に愛を見い出さずに、

 

牢獄だけに気づいたら、それこそ地獄である。

 

 

そして、

 

その牢獄には鍵がかかっていなかったのだ!