香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

やっちゃった人

f:id:shusaku1:20210122011916j:plain

⇑今夜の夕食はピザ。二日かけて食べる 

 

 

コロナ対策の一環として、

 

香港支社ではここのところずっと、

 

午前10時から午後4時までの

 

時短勤務が続いている。

 

朝の三密を避けるためと、

 

夕方6時で全ての飲食店が閉店となるため、

 

最終的に、この勤務時間となった。

 

 

こうした香港支社の勤務体制については、

 

毎週、僕たちが社長に香港の状況をレポートし、

 

それに基づいて、社長が決める。

 

まあ、三人だけの事務所でもあり、その都度、

 

社長とチャットしながらちんまりと決めていた。

 

 

それで今日、社長や本社の人たちを交えた、

 

物流に関するリモート会議に参加したのだ。

 

会議も終盤を迎え、お疲れさま、となった時、

 

突然、あのコーヒーカップ事件に登場した、

 

もう一人の日本人が、

 

ここでそんなことなど訊かなくてもいいのに、

 

「あのう、社長、

 

 来週の香港の勤務時間も、これまで通り、

 

 10時-16時でいいでしょうか」

 

と、みんなの前で、

 

社長にお伺いをたててしまったのだ。

 

咄嗟に僕は〝ヤバッ!〟と思った。

 

 

緊急事態宣言が出ている東京支社でも、

 

9時から17時まで、と一時間の時短だけだ。

 

当然、それを聞いた他の社員たちからは、

 

「昼休みを除けば、

 

 実質5時間しか働いてないじゃないか」

 

となり、社長も他の社員たちの手前、

 

これまで通りでいきましょう、とも言えず、

 

結局、来週の勤務時間は、

 

午前8時から午後4時までとなってしまった。

 

 

なんでみんなが参加する会議の場で、

 

わざわざこんなことを訊くんだようーっ、

 

それも、コロナとは全く関係のない会議で…。

 

 コイツ、バッカじゃないのか?

 

空気読めないにも程がある!

 

本当に使えない!

 

 

言いようのない怒りが込み上げてきて、

 

会議のあと、

 

「本当にいったい何を考えてるんだ、

 

    あの場所でそんな事を訊いたらどうなるか、

 

    ちょっと考えたらわかるじゃん!」

 

我慢できずに僕は、本人に詰め寄っていた。

 

 

彼自身も〝やっちゃった〟とは思っていて、

 

申し訳ありません、と恐縮しながら謝っている。

 

来週から8時出社だから、とエドワードに伝えると

 

彼もすっごく嫌そうな顔をしていた。

 

 

f:id:shusaku1:20210122011838j:plain

 

 

帰宅途中のバスの中で〝赦し〟を取り戻す。

 

僕の中に流れている〝赦しの感じ〟に入る。

 

 

「これは神から分離した自我のなんちゃらで…」

 

「これは僕が投影して彼に言わせてるんだ」

 

「まあ午後4時には帰れるんだし…」

 

「何も起こってないし、故に罪は無い」

 

 

なーんていうようなことは一切やらない。

 

ただ〝赦している感じ〟の中で流してゆく。 

 

 

また、

 

「コイツ、バッカじゃないの?」

 

という自己の中で爆発する感情に対しても、

 

「罪を信じている。世界を実在させている」

 

といった、ごちゃごちゃしたことは考えない。

 

自分を責めるようなことは一切せず、

 

ちゃんと自分のなかで〝怒り〟きって、

 

愛されたい、から、

 

自分は無条件に愛されている、

 

へと昇華されてゆく様をじっと見届けてやる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

やがて、家に着く頃には、自身の内部を還流する

 

〝赦しの流れ〟(愛の流れ)に凌駕され、

 

最後には、

 

その、やっちゃった彼、のことがすごく愛おしく、

 

僕を助けてくれる有り難い存在として戻ってきた。

 

 

ああ、でも、8時出勤かあぁー。

 

くうぅーっ!

 

 

☟ 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp