香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

光の金曜日

f:id:shusaku1:20210129223927j:plain

 

 

今日は、

 

先日患った皮膚疾患の再診の日だったので

 

思い切って年次有給休暇を取った。

 

皮膚疾患の方は今でも少し痒みはあるが、

 

見た目は普通に戻った。

 

 

 

正午、

 

香港人の友人とチムサーチュイで待ち合わせ、

 

ハーバーシティーのマルコポーロルネッサンスで

 

ランチビュッフェを食べた。

 

二人を超える入店は禁止されていて、

 

飲食店も、午後6時で一斉閉店になるので、

 

平日にもかかわらず、店内はほぼ満席だった。

 

 

f:id:shusaku1:20210129224040j:plain

f:id:shusaku1:20210129223653j:plain


 

この日一緒にランチをした香港人の友人は今、

 

台湾移住を考えていて、色々調べているという。

 

実は僕も、

 

台湾(特に台北)にはすごく興味を持っていて、

 

小説を台湾で出版した経緯もあり、

 

ぜひ住んでみたいと思っている場所でもある。

 

 

正直、今の香港はとても息が詰まりそう。

 

コロナ禍だけが要因ではなく、

 

政府が決めることに反対する術が全くない。

 

もうすぐ、ワクチンを受けなければ出国できない、

 

という法律も検討されるかもしれない。

 

 

その点、台湾は、中華圏で唯一、

 

まだ民主主義が残っている場所であり、

 

古き良き中国を踏襲している。

 

なにより、あの優しい国民性がすごく好きだ。

 

また、

 

いい意味でのアバウトさも持ち合わせている。

 

 

f:id:shusaku1:20210129223758j:plain

 

f:id:shusaku1:20210129223746j:plain

 

 

そんな感じで、あれこれ情報交換をした後、

 

ハーバーシティーをブラブラした。

 

海に沿って長い廊下が続いているような

 

ショッピングモールに人影はまばらだった。

 

閉店している店も多い。

 

それでもそこから見える香港のビル群は圧巻だ。

 

 

いま、この瞬間に現れる光を、大いに味わう。

 

やがて、その優しく穏やかな愛の感じが、

 

自分の内側から発せられていることに気づく。

 

内なる神が夢の世界に現れているのを観る。

 

それによって、自分に〝神が在る〟ことを知る。

 

 

f:id:shusaku1:20210129223811j:plain

f:id:shusaku1:20210129223841j:plain

f:id:shusaku1:20210129223908j:plain

 

 

帰りは天星碼頭からフェリーで香港島へ渡った。

 

太陽の光が波にきらめき、

 

まるで水面から花火が上がっているみたいだ。

 

そして、過去に何があったとしても、

 

また、明日何が起ころうとも、

 

この今この瞬間の豊かさは真実だ、と思った。

 

そうだ、この豊かさに気づいていることが、

 

神に気づいているということなのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com