香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

永遠のオーガズム

f:id:shusaku1:20210129223733j:plain

 

 

今日は月初で月曜日なので仕事が忙しかった。

 

それに、

 

来週の11日(木)からは春節休暇が始まる。

 

いつもなら、日本へ里帰りしているのだが、

 

今年は香港で過ごすことになる。

 

そう言えば、27年に及ぶ香港生活の中で、

 

春節を香港で過ごすのは初めてかも…。

 

まあ、お店もやってないし、

 

お菓子と食料を大量に買い込んで、

 

創作と瞑想のお籠り三昧になると思われる。

 

 

f:id:shusaku1:20210129223856j:plain

 

 

というわけで、二日連続のジョギングで、

 

脚が筋肉痛になり、階段を上るのさえ辛い。

 

それでも、外を走るのはなかなか楽しい。

 

深い呼吸をしながら、だらだら走りをしていると、

 

軽いトランス状態に入り、すごく気分がいい。

 

聖霊(心の友)の優しい息遣いも感じられるし、

 

ハートの悦(エクスタシー)の流れも感じる。

 

 

この〝ハートの悦〟が最近また、ヤバいのだ。

 

愛の素粒子が、

 

激流のように背後を流れている感じである。

 

その流れに抵抗すると、罪悪の苦しみとなり、

 

その流れに身を任せると、神の法悦となる。

 

f:id:shusaku1:20210127235906j:plain

 

 

こんなに激しい歓びの流れなのに、

 

最初の頃は、全く感じられなかった。

 

ハレ師匠から、飴玉を舐めさせられ、

 

その味わいを説明しろ、と言われても説明できず

 

「その説明できない感じ自体がハートだ」

 

と教えられたとき、はっ、と気づけた。

 

僕たちは、このハートのフォース(チカラ)を、

 

薄めて薄めて、歪めて歪めて、

 

飴玉の味、として感じていたのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

一切の抵抗を止め、歓びの激流に身を委ねる。

 

どうやって、とかは考えず、ただ沈黙して感じる。

 

やがて、このオーガズムが、

 

神の想いそのものであることを知る。

 

 

そんな感じで、僕が兄貴と呼んでいた存在は、

 

今では優しい心の友となり、愛の伴走者となり、

 

ハートは常に力強く僕の心の中を流れている。

 

やっと、恐れずに生きる準備が整ったのだ。

 

そのままの自分(神の子)が復活してきた。

 

これからは、そのままの自分で君臨するのだ。