香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分の振りをしている神

f:id:shusaku1:20210127235828j:plain

 

 

香港では、

 

コロナ感染による地域封鎖が続いている。

 

あるマンションで感染者が出れば、

 

即日そのマンションを丸ごと封鎖して、

 

住人全員にPCR検査を受けさせるのだ。

 

事前に逃げ出す人もいるため、

 

封鎖は突然、何の予告もなく行なわれる。

 

検査を拒否した人には罰金が科せられ、

 

出国もできなくなる。

 

近い将来、もし、ワクチン接種も強制となり、

 

ワクチンを打たないと出国させません、

 

なんてことになったらどうしよう、と少し心配…。

 

僕は絶対にワクチンを打ちたくないので、

 

もしそういう噂が出たら、なり振り構わず、

 

香港からトンズラしよう、と考えている。

 

 

f:id:shusaku1:20210127235816j:plain


 

 

というわけで、外部の慌ただしさとは裏腹に、

 

心の中には、力強く愛の流れが躍動している。

 

もちろん、コロナのことも気にはなるし、

 

毎日、あれやって、これやって、と、

 

様々な日常の出来事に対処もするわけだが、

 

意識の矢印は、常に背後を向いている。

 

相手を愛として赦そうとしなくても、

 

自分の中の愛の流れに気づいていると、

 

何もせずとも、自然と相手が愛に変わる。

 

 

また、実相に繋がる、とか、聖霊に繋がる、

 

宇宙エネルギーにアクセスる、とか言われるが、

 

そもそも自分が実相そのもの、聖霊そのもの、

 

宇宙エネルギーそのもの、であり、

 

アクセスもくそも、ない。

 

 だから、

 

自分の背後に流れる愛の流れ(神の想い)に

 

気づこうと、静かに内なる神へ向かうことが、

 

僕たちに求められているささやかな意欲だ、

 

と言える。

 

 

僕が初めて、今、ここに在る愛に気づいたとき、

 

「へっ?マジ?こんなんでいいの?」

 

という感じだった。

 

それはまさに、ささやかな気づきであり、

 

むしろ、ささやかでなければ辿り着けないほど、

 

微細な感覚だった。

 

 

なんだか、怖いものが本当に無くなってきた。

 

 

「私は葛藤の世界に身を置きたいです」と、

 

〝自分で決めて〟その映像を見ているのに、

 

その一方で、

 

「聖霊、私を導いて下さい。私は神を選択したい」

 

と、矛盾することを言っていたことにも気づいた。

 

 

選び直せるように導いてください、と、

 

いくら兄貴にお願いしたって、

 

先に自分でそう決めているのだから、

 

兄貴でもどうしようもない。

 

まるで、神社へ初詣に行って、

 

受験に絶対失敗してやる、と決めたうえで、

 

大学に合格できますように、

 

と祈っているようなものである。

 

 

選び直す力はすでに自分の中にあると気づくこと

 

そのためには先ず、自分に向かうこと、

 

他者ではなく、何よりも先ず、

 

自分に優しく、愛を以って寄り添うことが、

 

選び直すための第一歩となる。

 

 

f:id:shusaku1:20210127235739j:plain

 

 

極端なことを言えば、

 

人の事なんかどうでもいいのだ。

 

お願いだから、毎日、自分に向かって、

 

愛してるよ、大好きだよ、と言ってみる。

 

騙されたと思って、事あるごとに自分に対して、

 

ありがとう、と呟いてみて欲しい。

 

「この相手の対応は、どう考えても失礼だ、

 

 自分は大切に扱われていない」と感じたら、

 

ちゃんと、相手に伝えてみるのだ。

 

 

「これは、オポヨポヨのなんちゃらと同じだ」とか、

 

「決断の主体で、愛か恐れか、のなんちゃら」とか、

 

もう、そんなことは、どーでもいいから、

 

なんしか、まずは自分を責めずに、

 

誰よりも、彼よりも、

 

自分を優しくいたわってやってほしい。

 

 

お金もかからないし、

 

自分に何の損失ももたらさないわけだから、

 

四の五の言わず、自分をほめて欲しい。

 

 

そうすると、ぴこっ、と、心の中で何か、

 

やさしい気配が反応するから、

 

そこをちゃんと捉える。

 

それが心の友、兄貴の復活となる。

 

 

ぜーぜー。

 

ではまた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com