香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

春節の前に…

f:id:shusaku1:20210211110208j:plain

 

 

明日から旧正月の香港である。

 

昨日は大雨の中、午後からキャノン香港を訪ね、

 

コピー機のリース契約の打ち合わせをしたあと、

 

ヴィクトリア公園の〝花市〟に立ち寄った。

 

毎年、

 

旧正月近くになると、あちこちに花市が立つが、

 

コロナ禍の今年はどこも規模を縮小している。

 

多くの人で賑わうヴィクトリア公園の花市も、

 

案の定、ちょろっと店が並んでいるだけだった。

 

おまけにこの日は大雨で、人出もイマイチ、

 

それでも、桃の花や桔梗なんかを買って帰った。

 

 

f:id:shusaku1:20210211110226j:plain

f:id:shusaku1:20210211110300j:plain

f:id:shusaku1:20210211110312j:plain

 

 

そして、夜は、アイランドシャングリラで、

 

香港の友人たちと、ささやかな忘年会をした。

 

と言っても、レストランの入店は二人までで、

 

午後6時以降の飲食店の営業も禁止である。

 

で、どうしたかというと、ホテルが売り出した、

 

以下のパッケージを利用した。

 

  

1.壁にドアがあり、隣と行き来できる部屋を、

 

       ホテル側が豪華ディナー付きで貸し出す

 

2.一部屋二人までしか泊まれないので、

 

      ドアのある隣り合った部屋を4人で借りる

 

3.廊下に出ずに、壁のドアを通って

 

  部屋を行き来するので実質4人で食事できる。

 

4.これなら、レストランで食事、ではなく、

 

        ルームサービスとなる為、法にも触れない。

 

5.また5つ星ホテルの場合、宿泊さえしなければ

  

        友人が部屋に数時間滞在しても問題は無い。

 

  よって〝部屋の中〟でなら数人で食事をしても

 

       家で食事するのと同じで違法にはならない。

 

 

出張客も観光客も来なくなった今、

 

3つ星クラスのホテルは、ラブホとして、

 

一時間いくらで営業するようになっている。

 

しかし、5つ星ホテルはさすがにそうもいかず、

 

だからこそ、こういう方法で、

 

香港人をホテルに呼び寄せようと頑張っている。

 

 

僕はあくる日も仕事だったので、

 

食事を終えると早々に帰宅したが、

 

帰りしな、ロビーの前を通ると、スタッフたちが、

 

客用のソファに座ってお喋りをしていた。

 

僕に気づくと慌ててドアを開けてくれた。

 

えええーっ!

 

天下のシャングリラホテルが…?

 

もう、あっと驚くタメゴロー!

 

(ぼくぜん先生、たすけてーっ!)

 

 

f:id:shusaku1:20210210120855j:plain

f:id:shusaku1:20210210120930j:plain

f:id:shusaku1:20210210120905j:plain


 

というわけで、

 

明日から本格的〝巣ごもり〟の開始である。

 

6日間、創作と、瞑想と、読書と、映画で過ごす。

 

ワインも買ったし、山菜おこわの素も買った。

 

チョコレートやおせんべいもある。

 

いま、この瞬間に流れている〝ありがたさ〟を、

 

どっぷり感じて過ごす。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com