香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦しのちから

f:id:shusaku1:20210212012928j:plain

 

 

巣ごもり前日である旧暦大みそかの午後、

 

スターチャンネルのクラウド録画欄に、

 

『赦しのちから』という映画があったので観た。

 

『祈りのちから』で主演を演じていた女優さんが、

 

校長先生役で出演していたので、もしやと思い、

 

ウィキぺで調べてみると、監督が同じで、

 

しかも、今作では監督が主演も張っている。

 

(前作では監督が会社の上司役で出ていた)

 

 

ジョージアの田舎町にあるクリスチャン系高校で

 

一人の黒人少女が、父親との葛藤や、

 

クロスカントリーへの挑戦を通じて、赦しを学び、

 

自分が何者であったか、に目覚めていく物語で、

 

詳しいストーリーは検索していただくとして、

 

これってもう、コースをそのまま映画にしている

 

というか、完全に確信犯的な映画だった。

 

 

f:id:shusaku1:20210212012944j:plain

f:id:shusaku1:20210212012937j:plain

👆『祈りのちから』の時より少し老けた?
 

 

前作の『祈りのちから』よりも、

 

神や、神の子や、赦し、を前面に押し出していて、

 

レビューを見ても、

 

「これは完全なクリスチャン映画だ」とか、

 

「〝神〟が連発される後半辺りからドン引きした」

 

という意見が大半だった。

 

 

僕は全く逆で、少女が教師の前で、

 

自分が何者であるかを告げるシーンに、

 

一番感動した。

 

 

「私は神によって作られた創造物。

 

 欠陥品じゃない。

 

 だから私はすでに赦されている。

 

 だから私はすでに望まれている。

 

 だから私はすでに救われている。

 

 だから私はすでに愛されている。

 

 私はもう迷いません。

 

 私は完ぺきな神の子です。」

 

 

英語から訳したので字幕とは少々異なるが、

 

これって、今の自分の理解と全く同じやん、と、

 

大きな感動に包まれたシーンだった。

 

 

f:id:shusaku1:20210212012953j:plain

f:id:shusaku1:20210212012909j:plain

👆 監督 兼 主人公


 

学園ものの映画に必ず出てくる

 

イジメや暴力や意地悪なシーンが一切ないので、

 

安心して、優しい気持ちのまま最後まで観れる。

 

新たな年(僕にとっては新たな時代)を前に、

 

この映画に出会えたことは大きな励みとなった。

 

 

誰かを攻撃して、罪悪感に苛まれようが、

 

誰かに攻撃されて、恐怖におののいていようが、

 

不安で、不安で、いたたまれなくなっていようが、

 

それが一体、どうしたというのだ。

 

恥じていようと、恐れていようと、不安でいようと、

 

僕達は何であろうと愛されており、赦されている。

 

何も変えようとする必要などない。

 

力強く、愛されている自信に満ちながら、

 

怒ったまま、怖いまま、嫌いなまま、

 

ただ愛されながら進んでゆけばいいのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com