香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

やり尽くすのだ!

f:id:shusaku1:20210310222910j:plain

👆 夕方なのに誰も乗ってこない
  不気味だ!

 

好きな人と大恋愛をして結ばれたり、

 

自分の夢を叶えて大成功したり、

 

お金持ちになって悠々自適に暮らしたり、

 

大好きなモノに囲まれた居住空間に住んだり、

 

気に入った車や洋服を買ったり、

 

世界中を旅して回ったり、と、

 

この現実世界で自分の夢や希望を叶え、

 

したいことを思い切り自分にさせてやることは

 

父が待つ故郷へ永遠に帰還する過程で、

 

非常に重要なことだ、と僕は思っている。

 

そこから得られる様々な愛や歓びを、

 

自分自身に味あわせてやることによって、

 

納得して夢を終わらせてゆくことができる。

 

 

というのも、ずっと以前、

 

『はい、終わり』という記事を書いたが、

 

魂の本質が望んでいることを表現せずに、

 

ただ、罪悪感だけを赦して終わろうとしても、

 

「本当にいいや。本当にもうやりきった」

 

とはならず、心が真に充足していないので、

 

結局、やり切っていないことをするために、

 

この夢の世界に再び引き戻されてきてしまう。

 

 

昔、兄弟てっちゃんに、

 

「自分はある程度の年齢を重ねて、

 

   やりたいことをやってからコースに出会えて

 

   本当によかったと思っているよ。

 

   もし、20代でコースに出会っていたら、

 

   この世で持つ様々な夢や希望を、

 

   真に楽しめなくなっていただろうから…」

 

みたいな話をしていた時期があったが、

 

それは逆だ、と今なら解かる。

 

 

こんな地獄でしかない世界はもううんざりだ、

 

二度と戻ってきたくない、という観点からでは、

 

永遠の帰還は難しいと思っていて、なぜなら、

 

その〝うんざりだ、もういやだ〟の裏には、

 

〝本当はこうしたかった〟が隠されているので

 

やはり、欠乏感を持ったまま逝ってしまう。

 

また、こんな地獄でしかない世界はうんざりで

 

一刻も早く父が待つ故郷へ帰還したい、

 

というのも、自殺する人の思考状態と同じで、

 

〝うんざり〟が先手に来てしまっているため、

 

やはり、罪悪感を持ち帰ってしまうことになる。

 

 

一体、どうせーちゅうねん、ということになるが

 

自分がやりたいことや、望んでいることに、

 

きちんと〝YES〟と言ってやるのは、

 

それを、現実に実行するかどうかは別として、

 

神へ戻るための〝第一歩〟となる。

 

 

f:id:shusaku1:20210310222922j:plain

 

 

また、ここで、

 

「世界は実在しない、と真に認識した上でなら

 

 どんな好きなことをやってもいいんだよね」

 

的な、解釈のすり替えでやるのではなく、

 

ただ純粋に、今、この瞬間に顕われ来る、

 

愛や、歓びや、楽しみ、悲しみ、苦しみ、を、

 

自分なりの方法で思いっきり(👈ここ大事)

 

表現させてやるのだ。

 

 

また、やりたいことと言っても、それは、

 

歌手になるとか、ユーチューバーになるとか、

 

作家になるとか、会社をおこすとか、

 

そんな大それた望みでなくてもよくて、

  

2個500円のケーキがお得だけど、

 

本当に食べたいケーキが一個500円なら、

 

後者のケーキを買って味あわせてやる、とか、

 

怖くて〝嫌だ〟と言えないのなら、

 

ちょっと勇気を出して「ノー!」と言ってみる、

 

といったレベルのことから始めればいい。

 

いや、むしろそっちの方が大切だと思う。

 

 

それに、必ずしも、

 

やりたいことを実行に移す必要もない。

 

自分の心の中で、本当はどうしたいかを、

 

聴き、認め、受け止め、感じてやること、

 

それがとても大事なのだと思う。

 

 

👇 誰もが通る

  〝こんな世界うんざりなんだ期〟

blog.hoshitani-shusaku.com

  blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕は〝赦し〟とは、ある種の〝納得〟だ、

 

と思っている。

 

だからこそ、赦しの前には〝許し〟があり、

 

自分を許容し、自分に許可を出すことで、

 

心が納得して癒され、そこから赦しが起こる。

 

 

だから、若い人は(そうでない人も)、

 

やりたいことを思い切りやればいい。

 

この夢の世界で、

 

本当の望みを表現して生きることが、必ずしも

 

世界を実在化させていることにはならない。

 

 

考えてみてほしい。

 

愛そのものである〝幸せな夢〟に、

 

「こんな世界はうんざりなんです」

 

と言いながら

 

辿り着けるはずなどないではないか。