香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

決めない選択

f:id:shusaku1:20210406053239j:plain

👆 久々の芋焼酎でいい感じ

 

 

連休4日目、

 

背後に広がる無限の全体側だけに意識を向け、

 

〝神側〟を、ただ信頼することに集中している。

 

今回の、香港残留 vs 日本帰国騒動は、

 

普段は神に気づいていても、ふとした拍子に、

 

天国から離れてしまう僕に差し出された、

 

神側に完全な信頼を置いてブレなくするための

 

総仕上げのような出来事だった。

 

 

神から、

 

完璧に愛され、完全に赦され、全肯定されている

 

本来の自分にただ信を置いている状態、それは

 

現実世界でどんな事が起こっていたとしても、

 

それに対してどんな感情が出て来たとしても、

 

それを〝愛から出て来たもの〟として疑わない、

 

ということである。

 

 

会社のオファーを受けて香港残留となるか、

 

日本へ帰国して創作に専念するか、それとも、

 

別の選択をするのか、もう自分では決めない。

 

(※決められないからこうなっている…笑)

 

ただ、背後の無限に信を置いて、導きに従う。

 

結果、起こることが起き、どういう展開になろうと

 

それは〝愛の決定〟として凛として受け入れる。

 

 

自分では何もしない(何も考えない)でいると、

 

自分でちゃんと未来をセッティングして、

 

安心しておきたい、という強烈な想いが、

 

不安感と共に、どっわーっ、と上がってくる。

 

未来に対して何の手掛かりも持たないことが、

 

怖くて怖くて仕方がないのだ。

 

 

でもまあ、

 

何年も実践をやってきて慣れているせいか、

 

こういう不安感が出て来たときこそ、

 

ああ、後ろ後ろ、神側神側、と意識を転換させる。

 

〝そこ〟へ戻ると、不安や恐怖は、

 

自分のものではないことがはっきりと解かる。

 

 

f:id:shusaku1:20210406053227j:plain

 

 

まあこれも、一種の実験かな、と思っている。

 

実験して、成功したら、もともとあった真実が、

 

本当に真実だった、という体感が起きる。

 

そうなると、今度は、頭で考えてやるのではなく、

 

実際に、真実の中を生きてゆくことになる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

夜、香港で日系の不動産屋を営んでいる友人と

 

日本料理店で飲んだ。

 

彼もまた年内で店をたたみ、

 

家族全員でロンドンへ移住するのだという。

 

焼酎を二本空けてしまった。

 

ああ、久々に酔っぱらった!