香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神由来

f:id:shusaku1:20210406053156j:plain

 

 

今日は、まだ復活祭の祝日の最終日だったが、

 

僕は三月の月次の締めがあるので出勤をした。

 

その代わり、金曜日に振替休日を取るので、

 

今週末は三連休となる。

 

 

人によって考えは様々だが、僕は在宅勤務より、

 

事務所に出勤して仕事をした方がいい。

 

本来、リラックスすべきプライベートな空間で、

 

仕事に追われたりするのって、なんか嫌だ。

 

 

f:id:shusaku1:20210406053207j:plain

 

 

というわけで、

 

ここ連日、LIVEでお伝えしている、

 

〝香港残留vs日本帰国〟騒動を使った、

 

神側を信頼するための実験であるが、

 

昨日書いたように、

 

〝決めない選択〟状態で過ごしていると、

 

「ちゃんと考えて決めんと、後で後悔するでぇ!」

 

と、油断した隙にふっと自我の声が聞こえ、

 

焦燥でみぞおちがズキンズキンと疼き始める。

 

すぐに、今、この瞬間に戻って、

 

神が選択を間違えるわけがないことを思い出す。

 

 

焦燥感、自我の声、みぞおちのズキンズキンなど

 

今ここに顕れてくる想いを観察し、味わっていると

 

これらの感情がとても愛おしいもののように思え、

 

いたわるような、慈しむようなもののように感じて、

 

これも愛の一側面だったのだ、と深い理解が起きる。

 

どんな思いも〝愛由来〟だったのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210406053217j:plain

 

 

今回の〝選択を信頼する実験〟で分かったのは

 

自我というのは常に頭の中だけにいて、

 

それが未来への不安や恐怖と結びついた時、

 

問題が起きるのだということである。

 

逆に、神や聖霊は常にハートの中だけにいて、

 

それが、今この瞬間に在る意識と合体した時、

 

あらゆる問題が削除されるのだと解かった。

 

 

今から彷徨い出て、

 

未来に起こるであろう顛末に思いを馳せ、

 

頭であれこれ逡巡していたから苦しかったのだ。

 

なぜなら、

 

自我は過去と未来にしか存在できないから、

 

今この瞬間に在れば、否が応でも、

 

自我はもう一方の側面である聖霊に

 

変わらざるを得なくなる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

そして、今、この瞬間に在るためには、

 

思考することより感じること、理論よりも直感、

 

男性性よりも女性性、理性よりも感受性、

 

意識よりも心(ハート)、建て前よりホンネ、

 

罪悪感より愛、他人の目より自分の目、

 

そして何より、自分責めより自己肯定、

 

が先手で循環している必要がある。

 

 

内なる自分へと深く深く入ってゆくことで、

 

そこから神へと繋がってゆく。

 

その時初めて、個の自分が無かったことを、

 

真に実感できるのだ。

 

 

こんな感じだと、4月もあっという間だな。