香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ガガガガーッ!

f:id:shusaku1:20210327023255j:plain

 

 

今日はイースターの振替休日で休みだった。

 

で、今朝はなぜか、奇跡的に早起きができたので

 

掃除と洗濯、そしてアイロンがけに精を出した。

 

チョイ姐がいなくなってからはずっと、

 

自分で家事をこなしているが、やってみると、

 

自分の心の中を掃除しているみたいで、楽しい。

 

 

掃除を終え、しばし瞑想をしていると、階下から、

 

内装工事のすさまじい騒音が聞こえて来た。

 

電気ドリルで壁を削る不快な音に耐え切れず、

 

僕はiPodsを耳に装着し、音量マックスで

 

癒し音楽を聴きながら、根性で瞑想を続けた。

 

が、それでもイヤホン越しに、

 

壁を削るガガガーッ、は聞こえてくる。

 

やがて、

 

癒し音楽の向こうから聞こえてくるこの騒音が、

 

神に向かうとする僕に、一緒に連れて行ってくれ

 

と懇願する自我の声のように思えてきた。

 

これまで自我の声というのは、

 

「ほれほれ、こんなことになってるで!」

 

「なんとかせんと、大変なことになるで!」

 

という風に、僕達を夢の世界に閉じ込めておこう

 

とするものだと考えていたが、そうではなく、

 

自分たちも愛に戻りたい、一緒に帰りたい、

 

という叫びだったことに、はたと気づいたのだ。

 

 

僕は即座にiPodsを耳から取り去った。

 

ガガガーッ、を愛を求める〝自分自身〟の声

 

として、真正面から受け入れる。

 

癒し音楽と、ガガガーッ、の間に差がなくなる。

 

すると、不思議なことに、

 

電気ドリルの音がピタッと止んでしまったのだ。

 

多分、職人さんがランチに行ったのだろうが、

 

僕は、自我を愛として受け入れた自分に嬉しくなり

 

心の中から、大好き、があふれ出した。

 

自我の声が、

 

ガガガッ、から、大好きに変容したのだな、

 

と思った。

 

 

f:id:shusaku1:20210327023131j:plain

 

 

午後から、ジムで自主トレをした。

 

胸と、背中と、腹筋を重点的に鍛えた。

 

今日の香港は、長そでシャツでも少し肌寒い。

 

筋トレの後、バランスボールでストレッチをする。

 

平安と至福と歓び、ハートの流れを感じる。

 

また再び、神が戻ってきた。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

僕たちは、何といっても、

 

肉体を持っている間は〝神認知症〟なので、

 

すぐに、自分が何者であったかを忘れてしまう。

 

どんなにすごい覚者であっても、24時間100%

 

無限の全体だけで生きるのは不可能だと思う。

 

だから、安心して何度でも思い出せばいい。

 

まあ、僕の場合、神を思い出させてくれるのは、

 

香港帰任騒動や内装工事の騒音だったりするが、

 

きっと、

 

あなたにはあなたバージョンの愛を求める声が、

 

 神を思い出させてくれるのだろう。

 

 

👇 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp