香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝いま〟という最強

f:id:shusaku1:20210412224656j:plain



 

昨夜、夜更かししすぎ、今朝はチトきつかった。

 

ホームドラマチャンネルのクラウド録画で、

 

『怨み屋本舗』をイッキ見してしまったのだ。

 

こうして色んなドラマをイッキ見できるようになると

 

週一で見るのが、うざったく感じられてくる。

 

ああ、今夜もまた、夜更かしか…。

 

 

 

というわけで、通りを行き交う人々や風景から、

 

優しい愛の〝感じ〟が感じられるようになり、

 

ようやく無限の存在が戻ってきた。

 

 

一切の抵抗を止め、今この瞬間に留まっていると

 

聖霊も、自我も、愛も、憎しみも、ハートも、神も、

 

ビッグバンの瞬間も、夢が削除される瞬間も、

 

全てが〝今の縦軸〟に畳み込まれており、

 

同時に存在していることが分かる。

 

なので、たとえ今、不安や恐怖を感じていても、

 

また、喜んでいても、安らいでいても、全部が、

 

〝今〟という一つの中で起きている。

 

つまり、それらは同じものであり、

 

どうであっても何の問題もなく、

 

問題がないことに気づいてはじめて、

 

それは起こっていない、と自覚できる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

今日、会社を出てバス停でバスを待ちながら、

 

ぼーっと、夕暮れ時のビル群を眺めていた時、

 

ふと、この景色は一体誰が見ているんだろう、

 

と思った。

 

自分(わたし)が見ている、と思ってきたけれど、

 

ひょっとして、何かを見ている誰かなんて、

 

はなからどこにもいないんじゃないか、と…。

 

 

世界は見えているけれど、見ている主体が不在、

 

という不思議な感覚の中、

 

僕は一人、バス停に立ちすくんでいた。

 

人々に反映されている神の優しい感じや、

 

暮れなずむ街並みに反映されている安らぎを

 

感じている誰かなどどこにも存在せず、

 

優しい感じ、安らいだ感じ、だけが溢れている。

 

そしてその〝感じ〟こそが、無限の自己であり、

 

神の想念なのだった。