香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

思うそばからやってくる

f:id:shusaku1:20210419021435j:plain

 

 

決して、決して、

 

現実が良くなることを目的にはしていないのだが

 

なんかここの所、毎日の流れがスムーズというか

 

こうだったらいいなあ、と何気に思ったことが、

 

次々と日常へ反映されてくるようになっている。

 

 

昨日の記事でも書いたように、

 

事務所の備品の処分って面倒だなあ、

 

自分でやりたくないなあ、と思っていると、

 

おばさんたちが、ドワーッとやってきて、

 

一気に片付いたり、

 

新しい会社が少し駅から離れたところにあり、

 

通勤どうしよう、と思っていると、

 

エドワードが色々調べてくれ、

 

家の前から出る115番のバスに乗れば、

 

会社のビルの前まで30分で行けると教えられ、

 

ちょっとカンドーした。

 

また、今の会社に借りてもらっているアパートに、

 

このまま住み続けたいなあ、引っ越しイヤだなあ

 

でも家賃高いし、無理かなあ、なんて思っていると

 

新しい会社が、今の家賃分を、

 

僕の給料に上乗せしてくれることになったり、と、

 

こうだったらいいなあ、と望んだ途端、

 

瞬殺で、解決されていってしまうのだ。

 

 

それで今日も、次に行く新しい会社には、

 

海外傷害保険がないため、どうしたもんかなあ、

 

でも自腹はいやだなあ、と思っていたら、

 

今の会社の香港支社が閉鎖になるまでの間、

 

政府登記用の代表者に名前を貸してくれれば、

 

入ったばかりの海外傷害保険や家屋保険を、

 

解約せずに、使い続けてもいいことになった。

 

というのも、香港の現地法人では、

 

必ず香港に住所のある永久居住者が

 

登記上の代表者になる必要があり、

 

僕の代わりを探し出せなかったコンババ部長が、

 

上記のような代替案を提案してきたのだった。

 

これで、香港での医療費も全てタダになった。

 

 

また、前から言っているように、僕の給料は、

 

日本の口座に日本から日本円で振り込まれる。

 

僕は里帰りの度に、まとまった現金を持ちこみ、

 

それを香港での生活費に充てていたのだが、

 

ここ1年半、コロナ禍で出国ができず、

 

手元の香港ドルも心もとなくなっていた。

 

どうしたらいいかなあ、と思っていたら、

 

僕の最後の給料を、

 

香港の口座へ送金してもらえばいいのでは、

 

と閃き、コンババ部長に言ったら即OKになった。

 

 

f:id:shusaku1:20210421182139j:plain

 

 

これ以外にも、

 

僕が家を出たタイミングでバスが来たり、

 

おいしいシュークリームが食べたいなあ、

 

と思いながら歩いていたら、

 

シュークリーム専門店が目の前にあった、

 

みたいなことが、次々に起こるのだ。

 

 さっきも、

 

炭酸水の栓を開けようとしたが栓抜きがない。

 

で、たまたまアパートのゴミ捨て場に、

 

ゴミを捨てに行ったら、

 

そこに栓抜きが捨てられていた。

 

この時、これはもう絶対〝確信犯〟だと思った。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

再度言うが、

 

何かを引き寄せたい、とか、全く考えてはいない。

 

ただ、後ろの無限の全体に開いて、

 

ひとつの感じ、愛の感じで過ごしているだけだ。

 

最近では、これどうしようかなあ、と思った瞬間、

 

また誰かが助けてくれて、解決すんだろうなあ、

 

という確信まで生まれてくる始末だ。

 

 

うまくいったからわーいわーい、ではなく、

 

自分を、神を、内側に在る兄弟を、愛を、

 

信頼できている結果として現実を見ている。