香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

大好き一色

f:id:shusaku1:20210612224253j:plain

 

 

いま、自分の目の前に現れ出る人たちが、

 

自分の分身そのもののように思えて面白い。

 

なんていうか、どんなキャラが出てきても、

 

だい好きーっ、となってしまう。

 

何を見ても、愛らしく、愛おしく、どこかカワイイ。

 

 

というのも、

 

僕には女の子の部下が二人いるのだが、

 

1人が財務担当の女性(40歳/独身/人見知り)

 

で、もう一人が銀行関係担当の女性

 

(30代/独身/声と体でかい)である。

 

どちらも、礼儀正しく、仕事上何ら問題はない。

 

それで昨日、

 

若いほうの部下のデスクのパーテーションの上に

 

三角卓上カレンダーが二つ並んでいるのを見て、

 

なんでこんな狭い棒状の梁の上に、

 

卓上カレンダーを二つも並べているのか、と、

 

年配のほうの部下に訊ねてみた。

 

(若いほうはこの日、有給休暇中だった)

 

 

彼女曰く、

 

斜め前の席にいる○○(おばさん/既婚/噂好き)

 

が、立ち上がるたびにこちらを覗いてくるので、

 

それを嫌って、パーテーションの上に

 

カレンダーを並べ、覗かれても見えないように

 

防御しているそうなのだ。

 

聞けば、このおばさんは噂好きで、

 

いつもズケズケモノを言うので嫌われている、

 

(あくまで僕の部下たちの言)ということだった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

へえ、そうなんだあ、と、

 

今日、若いほうの彼女が出勤してきたので

 

それとなく彼女を観察していると、

 

仕事をしながら普通におばさんと談笑している。

 

 

いや、パーテーションがあるだけでも、

 

すでに充分誰からも覗かれない状態なうえに、

 

三角卓上カレンダーまでのっけて

 

顔が見えないようにするくらい嫌いなのに、

 

普段は仲良く雑談を交わしている。

 

男の僕には、もう訳が分からない。

 

 

f:id:shusaku1:20210612224240j:plain

 

 

以前の僕なら、

 

これって自我の分離の極みだ、本当にくだらない

 

と、脱力して顔を背けていただろう。

 

しかし、こんな彼女たちの姿も、なぜか今は、

 

〝カワイイー、愛おしい、だい好きー〟

 

というふうに感じてしまう。

 

彼女たちのやっていることが、まるで、

 

自分の中の別の側面のひとつのように思え、

 

ぜんぜん嫌なものとして映らないのだ。

 

 

そこで思った。

 

兄貴の視点からは、きっと僕らはこんなふうに

 

見えているんだろうな、と…。

 

僕たちからは罪悪のように見えるものも、

 

兄貴からは愛にしか見えないのだ。

 

だから、一見罪悪のように見えるものを見て、

 

罪悪はない、それは本当ではない、ではなく、

 

それは愛だった、が本当の捉え方なのだ。

 

 

なので、彼女たちが何をやっているかは関係なく

 

自分の内側が〝愛の感じ〟で満たされることで

 

同じものが全く違うものに感じられるのだ。