香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

リラックスと赦し

f:id:shusaku1:20201125172324j:plain

☝これで一本筋の通った男だと

 思ってもらえるか? 

 

 

今日は仕事終わりに髪を切りに行った。

 

もう、二カ月近く散髪をしていなかったので、

 

ま、いっか、とそのままにしていたら、

 

前髪が聖子ちゃんカットみたいになってきて、

 

同僚の日本人からも、

 

年取った〝ひかる一平〟みたいだと言われた。

 

で、今日、担当のスタイリストさんから、

 

上部の髪はこのまま伸ばし続け、

 

来月のクリスマス辺りにパーマをかけて、

 

アッシュ系に染めましょう、と提案された。

 

それ、乗った!

 

新年だし、風の時代だし、髪もまだあるし…。

 

帰りしな、来月19日の予約も入れた。

 

パーマなんて本当に何年ぶりだろう。

 

高校生の頃にパンチパーマをかけて以来だよう。

 

また、ここで写真をアップするので乞うご期待!

 

 

f:id:shusaku1:20201125172316j:plain

 

話は変わり、赦しとは究極のリラックスである、

 

と思う今日この頃である。

 

 

よく、赦しにおいて、兄弟を裁かずに見る、とか、

 

神以外の解釈だけが問題だった、とか、

 

判断せずにただ見過ごす、と言ったりするが、

 

よく考えてみると、

 

判断しないでいようと思った時点で、

 

判断しない、ということを判断しているわけで、

 

いったいどういうこと?

 

と、ひとりナゾに思っていた。

 

 

それである時、兄弟を裁かず、現実を解釈せず、

 

物事を判断しないってどういうときなんだろう、

 

すなわち、赦せている状態って、

 

どういう感じの時なんだろう、と考えてみたら、

 

あれ、ひょっとしてこれって、

 

究極のリラックス状態にある時なんじゃないか、

 

と閃いたのだ。

 

 

夕食後の満腹状態でベッドに大の字になり、

 

「ああ、極楽、極楽~!」とやっている時、

 

マッサージをしてもらいながら、

 

「ああ、気持ちいい~!」と至福を味わっている時

 

大好きな人と一緒にいて、

 

「ああ、しあわせ~!」と安らぎを感じている時、

 

僕たちは、

 

心からリラックスしていて、全てを赦せている。

 

また、その瞬間、判断している自分はおらず、

 

〝愛〟という神の解釈の中だけにまどろんでいる。

 

 

ご飯を食べて満腹だから極楽、とか、

 

マッサージをしてもらっているから気持ちいい、

 

ではなく、そのくつろいだリラックスの感じだけに

 

焦点を当てていると無限の全体が感じられる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

こんな風に、最初は、

 

自分をリラックスさせる何かをきっかけにして、

 

神の中へ入って行けばいいと思うのだ。

 

「ああ、リラックスリラックス、ぷっはーっ」

 

とやっているうち、

 

赦せている側がメインになってきて、

 

赦しどころ、な場面が来ても、

 

この〝優しい愛の感じ〟に戻ればいいんだ、

 

と解かる。

 

 

苦しみながら、

 

修業のように実践する赦しなどあり得ない、

 

と僕は思っている。

 

なぜなら、神や聖霊兄貴は愛に満ちており、

 

故に、故郷へ戻ってゆくための赦しが、

 

優しいものであるのは当然だと思うから…。

 

 

👇 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp