香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

こじらせ兄貴

f:id:shusaku1:20210717183422j:plain

 

 

なんか、すごいことに気づいてしまった気がする。

 

 

自分の中のエゴの囁きを無くす最良の方法は、

 

エゴを直視することでもなければ、

 

エゴを見過ごすことでもない。

 

自分の本音の声を聴いてやることだった。

 

 

どういうことかというと、

 

自分は本当はどうしたいのか、を、事ある毎に、

 

背後にいるもう一人の自分に訊ねてやるのだ。

 

なんでこんなことに気づいたかというと、

 

本来エゴの声(エゴのささやき)というのは、

 

自分の心の中にある愛を求める叫びが、

 

こじれた状態で出てきているものなので、

 

その叫びをちゃんと聞いてやり、

 

本当はどうしたいのかを確認してやることで、

 

愛を求める叫びが、愛へと昇華され、

 

自我は納得して、聖霊兄貴に姿を変えてゆく、

 

〝のではないか〟と気づいたからだ。

 

 

このことに気づいてからというもの、僕はもう、

 

仕事中も、食事中も、通りを歩いている時も、

 

ずっと、自分の中に問いかけ続けてた。

 

 

今夜は何を食べたい?

 

今日はダンベルプレスを何キロでやる?

 

右に曲がる?それとも左から行く?

 

こっちの方が安いけど、本当はどれがいい?

 

という風に、日常生活の中の小さな問いかけから

 

お金の事とか、帰国の事とか、

 

何も気にしなければいつまで仕事を続けたい?

 

日本へ帰る?それとももう少し香港に居たい?

 

といった少し大きな決定事項まで、もう一日中、

 

何百回となく、本音の自分に問い続ける。

 

 

徹底的にやっているとやがて、

 

日常的な事なら、ちょっと心に問いかけただけで

 

〝これ〟と答えが返って来るようになった。

 

僕の場合、言葉で聞こえてくるのではなく、

 

問いかけてしばらく待っていると、身体の奥から

 

ぐわん、と正しい答えが感覚として上がってくる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ただ、これにはちょっとした地獄経由がある。

 

それは、自分に問いかけるそばから、

 

自分が自分にウソをついてくる、という現象だ。

 

 

例えば、

 

AというケーキとBというケーキ、どっちがいい?

 

と自分に訊ね、Aがいいとなったとする。

 

でも、再度よく心の中を探ってみると、

 

Bは昨日食べたから、とか、Bはカロリーが多そう

 

誰々さんが、Aの方が美味しいと言っていたから

 

などが隠れていたりする。

 

じゃあ両方食べたいのかと言えばそうでもない。

 

なので、そんな条件的なことを全部抜きにしたら

 

本当はどうしたいのか、を再度自分に問い直す。

 

結果、どちらもそんなに食べたくなかった、

 

となったりする。

 

 

かつての、香港残留VS日本帰国騒動の時、

 

どうしてあんなに迷ったのかというと、

 

細かい事を全部抜きにしたらどうしたい? 

 

という問いかけをせず、ただただ、

 

条件で走っていたからだと今は分かる。

 

 

f:id:shusaku1:20210717183433j:plain

 

 

〝あの時、あんなにも激しく怒ったのは、

 

 本当は大切に扱って欲しかったからだ〟

 

〝あの時、あんなひどいことを言ったのは、

 

 本当はあの人と仲良くしたかったから〟

 

 

本当の本当の本当はこうしたかったんだ、

 

をちゃんと抽出し続けていると、

 

だんだんエゴのささやきが無くなってくる。

 

個人差はあると思うが、これは本当にそうなる。

 

なんか、世界を歪めずに見る眼差しというか、

 

相手も本当はこうなんだろうな、と思えてくるので

 

たとえ、自分に聞いて買ったケーキが不味くても、

 

自分に聞いて、実行したことが大失敗であっても、

 

やっぱりそれが正解だった、これでいいんだ、と、

 

力強さと愛おしさが込み上げてくる。

 

 

エゴは結局、

 

愛をこじらせてしまった兄貴でしかない。