香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

密かにほくそ笑む

f:id:shusaku1:20210718042838j:plain

 

 

先週の土曜日のことである。

 

僕はもう少しで警察に捕まるところだった。

 

 

その日、

 

夕食の買い物がてら近所を歩いていると、

 

陳東里の短い路地にあるカフェの前で、

 

音楽イベントをやっていた。

 

選挙カーのような車の上に小さなブースがあり、

 

その上でDJがノリのいい音楽を流している。

 

路地には100人ほどの若者たちがいて、

 

音楽に合わせてステップを踏んでいた。

 

家の近所では、こういうイベントがよくあるので、

 

(なんと言っても僕は、香港の渋谷、

 

コーズウェイベイに住んでいるのだっ!)

 

ブログのネタに写真でも撮っておこうと思い、

 

僕も路地の方へ近づいて行った。

 

と、そのとき突然 「中止!中止!動くな!」

 

という怒声とともに、路地の両側から、

 

警官隊がどっわーとなだれこんできて、

 

あれよあれよという間に50メートルほどの路地は

 

警官隊によって封鎖されてしまった。

 

一瞬、何が起こったのかわからなかった。

 

警官たちは逃げ惑う若者たちを威嚇しながら、

 

どんどん壁際へと追いつめてゆく。

 

僕はと言えば、

 

警官が張ったテープの10センチ外側にいたため

 

間一髪でなんとか難を逃がれることができた。

 

やがて、警察の護送車が何台もやってきて、

 

主催者や観客たちを、一斉に検挙していった。

 

 

f:id:shusaku1:20210718042811j:plain

 

 

家に帰ってニュースを見てみると、彼らは、

 

大勢で集会を開くことを禁止する法令に違反した

 

という罪で検挙された、ということだった。

 

これはコロナ感染防止対策の一環として、

 

蜜を防ぐための措置だった、としているが、

 

それであれば、検挙などする必要はなく、

 

主催者だけを呼び出して、

 

イベントを中止させれば済むことである。

 

今回捕まった(?)彼らは罰金刑に処され、

 

政府のリストに記録されるという。

 

 

僕が今住んでいる地域は、

 

反政府デモの中心地だった場所でもあるので、

 

警察が目を光らせているのも理解できるが、

 

かつて香港に溢れていた自由と公平の空気が、

 

どんどん失われていくのを目の当たりにして、

 

とても悲しい気持ちになった。

 

 

f:id:shusaku1:20210718042826j:plain

 

 

そして、こんなのまるで犯罪者扱いではないか、

 

と思った次の瞬間、はっ、となった。

 

こうやって警察のやり方を非難しながら、

 

意識の奥の方で〝ニヤッ〟とほくそ笑んでいる

 

自分に気づいたのだ。

 

自分は常に、安全な場所から、

 

誰かが犯した罪を糾弾したいと望んでいる!

 

理不尽でドラマチックな出来事を探して、

 

その罪を見てほくそ笑みたいと思っているのだ。

 

結果、外に罪を見つけて指摘したいという思いが

 

僕が見ている今の香港に映し出されているのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210718042847j:plain

 

 

静かにソファに座り、深呼吸をしながら、

 

父がいつも僕たちに向けている、

 

愛の眼差しを思い出す。

 

無条件に受け入れられ、愛されている感覚、

 

僕が密かに、どんな罪を望んでいたとしても、

 

それでも、愛しているという圧倒的な歓びの流れ。

 

 

愛の解釈で、

 

この密かな罪悪の願望を見てゆくと、

 

必死で罪を見つけようとしている自分をも、

 

とても愛おしく、慈しむべき存在に思えてくる。

 

そんな自分を抱きしめたい気持ちになるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

様々な事象が雲のように流れてゆく中で、

 

僕にできることは、今この瞬間にある光を、

 

消えてゆく姿として、愛の眼差しでただ見つめ、

 

愛へと反転させてゆくことだけである。