香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

外向きな一日

f:id:shusaku1:20210808010931j:plain

 

 

一年前、コロナ渦が始まった頃、市民全員に、

 

政府から14万円のコロナ補助金が支給されたが

 

今回もまた、5千香港ドル(約7万2千円)が、

 

三回に分けて支給されることになった。

 

申請の仕方もチョー簡単で、

 

政府のホームページにある申請欄に、

 

香港IDカードの番号と電話番号、それと、

 

オクトパスカード(日本でいうSUICAやPASMO)

 

に印字してある番号を入れるだけで完了である。

 

で、昨日がその第一回目の支給日だった。

 

 

地下鉄やコンビニなどにある、

 

ピッとやる機械にかざすだけで、

 

一回目の支給額である2千香港ドル

 

(約3万5千円)が自動的に増額された。

 

そして、この日から二か月以内に、

 

この二千ドルを使い切った人にだけ、

 

第二回目が支給される、という仕組みだ。

 

要は、みんな香港内でお金を使ってくださいね、

 

ということらしい。

 

f:id:shusaku1:20210808010919j:plain

 

 

香港って本当にやることがスマートだと思う。

 

前にも書いたが、様々な手続きが簡便だったり、

 

犯罪者の身元や居場所がすぐに特定されるのは

 

身分証(香港IDカード)で管理されているからだ。

 

今回の支給も、

 

身分証と電子マネーカードの番号が紐づけされ、

 

不正防止の仕組みがつくられている。

 

これと同じやり方を日本で行なおうとすると、

 

SUICAやPSMOカードを100枚くらい購入して

 

申請しまくる輩が続出することになるだろう。

 

なので結局、役所に行って、書類を申請して、と、

 

多大な労力と手間を消費することになってしまう。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ただ、このIDカードは、民主主義体制の中なら

 

とても便利なものとなるが、

 

今後、中共によって管理されるようになれば、

 

僕達を取り締まるツールとなるのだろうな。

 

 

というわけで、

 

今日はバリバリ〝外向き~っ〟(懐かしい表現)

 

な内容でフィニッシュ!