香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ワクチン二回目打った!

f:id:shusaku1:20210815000313j:plain

 

 

先週の日曜日、

 

2回目のコロナワクチン接種に行ってきた。

 

しかし、前回同様、

 

クイーン・エリザベス体育館の入り口で

 

スマホに届いた予約表をみせると、

 

予約の日付が昨日になってますよ、と言われた。

 

焦りつつ確認すれば確かに日付は昨日だった。

 

ぎえっ、一日過ぎてるっ!

 

何とか今日接種を受けさせてもらえないか、と、

 

受付で頼んでみるが、今日の予約は一杯で、

 

再度別の日を予約し直してくださいと言われた。

 

マジか!再度予約と言っても、

 

ドイツ製ワクチンは8月一杯で品切れになるため

 

今から予約しても、もう手遅れだようぅー。

 

と、近くにちょっと偉いさんっぽい女性がいたので

 

彼女に事情を話し、何とか今日接種できないか、

 

日本式〝ザ・お辞儀〟で頼み込んでみた。

 

彼女は僕のIDを持ってどこかへ行っていたが、

 

15分ほどで戻ってくると、予約を変更したので、

 

今から接種を受けられますよ、と僕に告げた。

 

ああ、よかったあー!助かったあ!

 

と、そういうわけで、ワクチン接種は完了した。

 

 

f:id:shusaku1:20210815001244j:plain

 

 

受付で予約を取り直せと言われても諦めず、

 

別の人に訊いてみる、という発想が出たのは、

 

まさに日ごろから〝本当の本当はどうしたいか〟

 

と、自分に聞く訓練をしてきたからだと思う。

 

予約の日付が過ぎてますよ、と言われた時、

 

それでも、今日接種を受けたい、と思った。

 

それで僕は、受付でダメなら他の人に頼んでみる

 

という、ふっと出てきたひらめきに従ったのだ。

 

今に委ねたり、起こるがままを受け入れるのは、

 

本音の自分に沿って行動した、その後のことだ。

 

でないと、

 

「予約の日を間違える俺って、なんてバカなんだ」

 

と自分を責める気持ちを押さえつけながら、

 

全ては最善~、とニセの赦しをやってしまう。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

例えば、

 

レストランで、イマイチな席に案内された時、

 

「あの席がいいんですけど」と訊いてみる。

 

友人と食事に行ったとき、友人が、

 

「私こんなに食べれないからあなたこれ食べて」

 

と、食べ物を残す罪悪感を押し付けてきたら、

 

「私は要らない」ときっぱり宣言するのだ。

 

本音の自分に寄り添った行動をすること、

 

それが、自分を愛する、ハートを感じることの

 

行動レベルでの意味である。

 

 

そして、ワクチンを打ち終えたあくる朝、

 

早速、副反応が顕われた。

 

熱はないのだが、全身がだるく、頭痛もする。

 

身体に力が入らず、脱力感が半端ない。

 

それで会社と相談し、この日は休むことにした。

 

眠くて眠くて、もう一日中眠っていた。

 

だが、とても心地よい眠りだった。