香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

波動を味わう

f:id:shusaku1:20210822165252j:plain

 

 

いつも頼りにしているカリスマブログで、

 

ちょっとよさげなカフェが紹介されていたので、

 

早起きをして、土曜の午後から早速行ってきた。

 

 

まあ、香港在住28年目に突入するというのに、

 

カリスマブログなしではどこへも行けない僕だが、

 

このカリスマブログが僕の人生に出現したのも、

 

香港をもっと楽しみたいなあ、と、

 

僕が背後の無限の全体に望んだ結果であり、

 

そういう意味では、まあ、

 

僕が創り出した?ブログなのだと言える。

 

(出たあ!ご都合スピリチュアル…!)

 

 

f:id:shusaku1:20210822165122j:plain

 

 

場所は香港島の西の外れ、干物の匂いが漂う、

 

上環(ションワン)の古い雑居ビルの中にあり、

 

隠れ家中の隠れ家的なカフェである。

 

マスターが一人でやっているカフェで、

 

入り口でベルを押すと鍵を開けてくれる。

 

店内は丸ごと完璧なマスターこだわりの世界。

 

 

f:id:shusaku1:20210822165203j:plain

f:id:shusaku1:20210822165216j:plain

 


このとき、お客は僕ひとり。

 

コーヒーのメニューはなく、

 

「最近仕事で疲れているのでリラックスしたい」

 

「昨日ちょっと飲みすぎて頭がすっきりしない」

 

「苦いコーヒーが好きだけどエスプレッソは嫌い」

 

など、マスターといろいろ会話をしながら、

 

その時々の自分に合ったコーヒーを決めてゆく。

 

月曜から水曜は定休日で、土日も、

 

正午から夕方6時までしか営業していない。

 

マスターはもともとインテリアデザイナーで、

 

このカフェを開いて10カ月になるのだという。

 

 

f:id:shusaku1:20210822165229j:plain

f:id:shusaku1:20210822165243j:plain

 

 

とてもシャイなマスターで、ちょっとはにかみつつ

 

コーヒーへの想いを語るところが愛おしい。

 

僕もいろいろマスターと会話しながら、

 

エチオピアのコーヒーを淹れてもらった。

 

とてもまろやかでこだわりぬいた味がする。

 

アニータの本を読みながら、コーヒーを啜り、

 

今この瞬間に顕われている平安を楽しんだ。

 

周波数とか、波動とかは分からないのだが、

 

ここは完璧に安らぎの波動が流れていた。

 

香港ではないみたい。

 

 

f:id:shusaku1:20210822165327j:plain

f:id:shusaku1:20210822165313j:plain


 

初対面だったので、

 

マスターとはあまり深いことは話さなかったが、

 

最近の香港の政治情勢の話になったとき、

 

自分は小説を書いているので、

 

国によって表現が制限されるのは嫌だ、と述べ、

 

台湾に移住したい、みたいなことを話した。

 

マスターも、以前はデザイン会社に勤めていたが

 

忙しい毎日が嫌で、脱サラをしたのだという。

 

 

なんか、しばらく通ってしまいそう。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com