香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

仙人大師

f:id:shusaku1:20211119023158j:plain

👆 出来立てほやほやの豚の丸焼き

  いつも行くロースト店にて

 

 

今日は、垢すりとマッサージに行ってきた。

 

あの仙人大師のスゴ技がどうしても忘れられず、

 

前回交換した大師のLINEに直接予約を入れた。

 

(仙人がLINEって…、というツッコミは却下!)

 

 

やはり今回もすごかった。

 

垢すりでは、真っ黒な垢が山のように出た。

 

垢すりをすると、皮膚表面の皮脂がなくなって、

 

肌がカサカサになるのかな、と思っていたら、

 

逆に新しい皮脂が分泌されてくるらしく、

 

鏡を見たら、全身がつるんつるんになっていた。

 

仙人大師曰く、ゴシゴシ擦っていい部位と、

 

擦ってはいけない部位があるらしく、

 

そこをちゃんと見極めてやっているのだという。

 

さっすが、中国四千年の歴史である。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

マッサージも本当に気持ちよかった。

 

全然力を入れていないのに、指先でぐりぐり、

 

ツボを押されるだけで、ビビビ、ときてしまう。

 

仙人大師が言うには、

 

怒りや不安や緊張といったネガティブな感情は、

 

身体の細胞ひとつひとつに蓄積され、それが、

 

肩こりや頭痛や便秘となって現れるのだという。

 

そういえば、

 

マッサージで様々な部位を指圧されている最中、

 

若い頃に上司から言われたイラっと来る一言や、

 

子供の頃に経験した母親とのやりとり、または、

 

今度会ったらこう言ってやる、みたいな妄想劇場

 

といった、自分でも忘れていたような感情が、

 

パッパッパッ、と何の脈絡もなく立ち現れてくる。

 

これまでは、

 

気持ちよさの中(神の中)に没入していたいのに

 

エゴの思考が邪魔をしてくる、と考えていたが、

 

実際は細胞の隙間に挟まっていた感情の断片が

 

マッサージされることによって揉み出され、

 

意識の中に浮上してきていることが分かった。

 

だから「ああ、またエゴに邪魔された」ではなく、

 

細胞に埋もれていた記憶や感情が、

 

愛に昇華されるために出てきたのだな、と、

 

きちんとそれらの想いを感じて、見送ってやる。

 

 

こういう観点から言えば、ヴィパッサナー瞑想も、

 

肉体に入りこんでいるカルマ(自我の想念)を、

 

身体の各部位の感覚をスキャンすることで、

 

ダンマ(兄貴)へ明け渡しているのだと言える。

 

 

これはあくまでファンタジーの話であるが、

 

肉体が死んで細胞の全てが量子に戻り、

 

生まれ変わる際に再度肉体化されるとき、

 

量子の中に残っていた、前回の生での細胞に

 

残っていた感情や記憶(カルマ)が、

 

今世に作用を及ぼしているのではないか、

 

と思った。

 

なぜなら、肉体が死んでも、

 

肉体を構成していた量子は永遠に生き続け、

 

また再結成されるのだという。

 

(って、モーガンフリーマンが言ってた)