香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

必死のパッチで兄貴が…

f:id:shusaku1:20211113202052j:plain

👆 今日の昼ごはんは家の近所で〝車仔麺〟

 (具は自分の好きなものをオーダーできる)

 

 

所得税も支払ったし、強制積立金も戻ってきたし

 

香港の出入国管理局に申請していた、

 

過去三年間の出入国記録も届いた、ということで

 

僕の帰国準備も新たなフェーズを迎えつつある。

 

(カッコいいーっ!)

 

 

中でも、出入国記録は重要で、僕の場合、

 

ずっとコロナで日本に帰国できなかったため

 

今も日本の運転免許の更新ができていない。

 

それでも、パスポートに出入国のスタンプが

 

押されてさえいれば、書き換えの時期に、

 

日本にいなかったことが証明できて、

 

期日が過ぎていても免許更新は可能なのだが、

 

僕は日本帰国の際、自動化ゲートを利用しており

 

香港の出入国も、IDを機械に通すだけなので、

 

紙ベースで証明になるものが何ひとつなく、

 

それで、出入国記録を取り寄せたのだった。

 

記録を見ると、最後に日本を出国したのが

 

2020年の2月1日で、もうかれこれ、

 

1年9か月も帰国していないことになる。

 

逆に言えば、1年9カ月ものあいだ、

 

この狭っくるしい香港に居たということだ。

 

以前は毎週、出張で飛び回っていたのに、

 

時代は変わったのだなあ、と感慨を新たにした。

 

 

僕は日本に戻っても運転はしないつもりなので、

 

運転免許証が無くても別に問題はないのだが、

 

IDカードというものがない日本では、

 

免許証くらいしか身分を証明するものがないため

 

一応持っておいた方がいいかな、と思っている。

 

 

f:id:shusaku1:20211122033853j:plain

 

 

そして帰国後は大阪の実家に住むことになった。

 

現在は86歳の母がひとりで実家に住んでおり、

 

何かあると心配なので、妹とも相談した結果、

 

一緒に住むことになったのだ。

 

最初、アパートを借りて住むと言ったら、母から、

 

「駅前の便利な場所に大きな家があるんやから、

 

   わざわざ人に家賃なんて払うことないやないの」

 

とキレ気味に言われ、それもそうだ、と納得した。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、

 

そろそろ家具や電化製品を処分する算段をし、

 

引越しの準備をしなければ、と思いながらも、

 

今の生活があまりにも心地よすぎて、

 

うだうだと先延ばしにしている今日この頃である。

 

 

まあ、

 

今この瞬間に在る無限の可能性に開いていれば

 

未来の設定は日本帰国だけとは限らないのだが、

 

なぜかいつも〝彼〟(兄貴)が僕の前に現われ、

 

日本帰国を必死のパッチで促してくるのだ。

 

もう毎回、悪いようにはしないから、

 

とにかく日本へ帰れ、とすごい勢いで言ってくる。

 

普段は絶対に強制や指示をしない〝彼〟が、

 

これに関しては、何度もしつこく言ってくるのだ。

 

これはあくまで僕の直感ではあるけれど、これは

 

決して僕の現実が良くなるための進言ではなく、

 

僕が今回生まれてきた目的に関する何か、

 

僕の伺い知れない場所で働いている、

 

時空を超えた何かと関係している気がするのだ。

 

 

なので、最近、人生の変革期に入った兄弟、

 

ええっ、というような出来事に遭遇している兄弟、

 

そのために不安で気が重くなっている兄弟たち、

 

それは、肉体の自分には伺い知れない裏で、

 

何か壮大な計画が進行中なのかもしれない。