香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

未確認生物がいっぱい

f:id:shusaku1:20181222231702j:plain

↑ 実家近くで祀られているキリシタン地蔵

 

大阪の実家でうだうだしている。

 

それでも先週の金曜日は、

 

人で混みあう三連休の前に、ということで、

 

朝から、散髪へ行き、銀行へ行き、

 

ゴールドジムで筋トレをし、大学時代の友人に会い、と、

 

いろいろやった一日であった。

 

こういう、家の周辺をあちこち飛び回るのって、楽しい。

 

いつでも家に帰って来られるから…。

 

 

まず、家の近所の床屋で、

 

今、流行りの滝廉太郎カットにしてもらった。

 

音楽の教科書に載ってる『荒城の月』の滝廉太郎である。

 

髪の分け目を剃刀で、5mmほどの太い線にし、

 

両端をバッサリ刈り上げたあと、ジェルで整える。

 

これで丸メガネ(僕の場合老眼鏡)を掛ければ、

 

明治維新の人みたいになる。

 

いま、七三分けが流行っているらしい。

 

 

ジムでは、胸と肩を集中的に鍛えた。

 

筋肉をデカくするために一生懸命食べていたのだが、

 

ここのところ忙しくて少し痩せてしまった。

 

もりGさんからも、母親からも、痩せた?と訊かれたし…。

 

 

その後、大学時代の友人と会ったあと、

 

梅田のカフェでひとりパソコンを打っていた時、

 

またまた、大きな知覚の変容が起きた。

 

f:id:shusaku1:20181223104521j:plain

↑ ちんこすこうの中にカルタが入っていた。

   この他にも、寝耳にちんこ、とか、

    出るちんこは打たれる、とか、

      身から出たちんこ、と、いろいろあるらしい。

 

〝肉体としての誰か〟が完全に消失してしまった。

 

別の言い方をすれば、

 

肉体の中に〝誰か〟を見い出せなくなってしまったのだ。

 

 

どういうことかというと、

 

自分の父母、会社の同僚、コース兄弟、道行く人々、など

 

これまで、そこに確固たる個性とアイデンティティがある、

 

と信じて接してきた誰々さんが、

 

本当は、ただ表面的に、笑ったり、動いたり、喋ったり、

 

何かをしているだけの〝生物的存在〟に見える。

 

 

これまでは、その人が幻想だ、と理解していながらも、

 

それでもやっぱり、もりGさんはもりGさんであり、

 

もりGさんという固有の人格と意識をもった人物が、

 

そこに存在する、として話していた。

 

 

それが突然、

 

目の前の誰々さんという肉体の中には何も無く、

 

自分の母親の肉体と接していても、

 

真の母親の魂や生命がごそっと抜け落ちている。

 

ただ、母親のように振る舞っている何か、がいるだけ、

 

と知覚される。

 

 

確かに、先週の沖縄リトリートが終了するくらいまでは、

 

相手は自分の心の中に顕われた自分である、

 

と理解しながらも、 

 

まだ、コース兄弟の誰々さんがあーした、こーした、と、

 

肉体としてのその人をリアルに感じて話せていたが、

 

それが今では、何とかさんという個人が消失し、

 

実体のない存在となってしまっている。

 

f:id:shusaku1:20181220004345j:plain

↑ 商店街が好き! 

 

それにしても、数日単位で見え方が変わってゆく。

 

今年10月の一瞥体験で、

 

〝自分も世界も無かった〟という理解が起こり、

 

その後、見えているこの世界が、

 

〝自分の心の中そのものだった〟ことを悟り、

 

続いて、自分の心の中に顕われる兄弟たちに、

 

次々と無罪を差し出していくうち、世界が変容を起こし、

 

そして先週、この夢の世界全部を聖霊に返した途端、

 

全てがここにあった、自分はここに全部持っていた、

 

と智る体験が起こった。

 

それで今回、肉体としての兄弟すらでっち上げで、

 

ただの〝口パクぜんまい仕掛け人間〟だったことを

 

〝真に〟実感するに至った。

 

 

多分、これからも僕は、

 

普通に誰かと話し、行動し、交流を続けてゆくだろう。

 

しかし、もうそこに、名前を持った誰々さんは存在しない。

 

そう言えば、数年前にも、

 

これに似たような感覚を覚えたことはあったが、

 

今回のは、この時よりもっと強烈で、確固としている。

 

肉体から完全にその人が脱落し、消失してしまっている。

 

肉体は幻想だ、肉体としてのその人は存在しない、

 

などと、普段言いながらも、

 

バリバリ肉体の〝その人〟を、誰々さんだとして話していた。

 

なんのことはない。

 

僕たちは、騙されていたのだ。

 

↓ 以前の体験記事はこちら ↓ 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

沖縄から大阪まで

f:id:shusaku1:20181220235125j:plain

↑ 左から、もりGさん、空禾さん、ボク。 

 

沖縄でのリトリートを終え、大阪の実家へ戻ってきた。

 

直前まで、あちこち飛び回り続けていたので、

 

ゆったり時間が流れる暖かい沖縄の地で、

 

コース兄弟たちと祝福された時間を過ごせたとことは、

 

僕にとって、とても平安で貴重な時間となった。

 

f:id:shusaku1:20181220004321j:plain

 

今回のリトリートでは、

 

もう本当に兄弟一人一人が僕の教師だった。

 

みんなが僕の心の中に持っているものを見せてくれ、

 

兄弟全員が一丸となって、優しく、包み込むように、

 

僕の中に持っているものを癒やし、解放してくれた。

 

 

こうやって、兄弟たちのシェアと共に自分を赦すとき、

 

みんなそれぞれ違う赦しのように見えてはいるが、

 

それはたった一つの、

 

〝罪を犯したという思い込み(信念)〟から来ている

 

ということが解かる。

 

赦すのは罪悪感そのものではなく、その基となっている

 

〝思い込み〟だったということも、

 

僕にとっての今回の大きな学びだった。

 

f:id:shusaku1:20181220004334j:plain

 

2日目には、カースティンがやっていた(らしい)、

 

一方が目を閉じたまま、ガイド役の兄弟に導かれながら、

 

目的地まで歩く、というワークもやった。

 

実際、カースティンがどうやっていたかは知らないが、

 

自分でいろいろアレンジをして行なった。

 

 

例えば、

 

1.目を閉じている方は、ガイド役に対し、今、最も、

  赦しどころな相手に導かれている、と感じながら歩く。

 

2.目を開けてしまった時には、あなたを信頼をします、

  と宣言してから再び目を閉じて歩き出す。

 

3.導かれる方は一切言葉を発しない。

 

4.導く方は〝寄り添う〟気持ちと共にガイドをする。

 

5.一番苦手な相手、一番親しくない人とペアを組む。

 

 

参加者が9名で、ペアを組むと一人余るので、

 

言い出しっぺの僕が安全監視員を担うこととなった。

 

PALM CHURUCHの周辺は、海に面した遊歩道もあり、

 

海岸沿いのあずま屋をゴールとした。

 

 

「自分の肉眼で見て歩くより、ガイドに任せた方が、

 

    リラックスできた。」

 

「もっと、ゆっくりゴールに着きたいくらいだった。」

 

「こんな導かれ方なら、どんな人でも赦せる。」

 

と、目を閉じたことで不安になる人は皆無だった。

 

f:id:shusaku1:20181220235130j:plain

 

また、簡単ではあったが、ウツボカズラ大放出もやった。

 

投影は肉体を通して起こる。

 

その際、投影の元ネタが一旦細胞の隙間に留まる。

 

それをウツボカズラで大放出する、という感じだ。

 

f:id:shusaku1:20181220004317j:plain

 

そして何と言っても、リトリートの醍醐味は深夜部にある。

 

(って、そう思っているのは僕だけ?)

 

お酒を飲みつつ雑談の延長線でシェアできるからか、

 

個の自分が隠蔽しているものを出しやすくなるのだ。

 

そうして、何を隠蔽してきたかを語り始める兄弟に、

 

他の兄弟が深く寄り添うと同時に、自分の中にもある、

 

同じ隠蔽を静かに見つめ、赦してゆく。

 

それはまさしく、みんなで行なう共同作業であり、

 

静かで神聖な時間でもあった。

 

 

そして、こんなことを書くとちょっとナンなのだが、

 

深夜部に欠かせないもう一つの楽しみは、下ネタである。

 

例えば、次のリトリートでは、

 

〝ちんこすこう〟を〝漫湖公園〟で食べるワークをしよう

 

とか、昔、僕の実家の近所にあった、

 

〝珍古萬古堂〟という骨董屋さんの話で盛り上がった。

 

(後で知ったのだが、漫湖公園のクジラは潮を吹くらしい)

 

 

ああ、こんなことを書くと、

 

オシャレなPALM CHURCHを目指すもりGさんの眉毛が、

 

ぴくぴくしているのが見える。

 

これも、僕の罪悪の投影なのか…。ゆ、赦すのだ!

 

f:id:shusaku1:20181220235233j:plain

 

とまあ、そんなこんなで、3泊4日の沖縄滞在を終え、

 

空禾さんと那覇空港のお土産屋を駆けずり回りながら

 

なんとか、ちんこすこう、を手に入れることができた。

 

しかも、僕が普通の〝ちんすこう〟しか見つけられない中、

 

空禾さんは、まるで聖霊に導かれるように、さささ、と、

 

即行で、マンゴ味(笑)のやつまで見つけてきて、

 

「香港さん、あった、あった!」

 

と、僕に向かって大きく手招きをするのであった。

 

f:id:shusaku1:20181220004327j:plain

 

大阪はそんなに寒くなかった。

 

あくる日はもう、一日寝ていた。

 

父の認知症も相変わらずで、

 

以前は母に向けられていた〝モノ盗られ〟が、

 

いまは、妹がターゲットとなっていた。

 

「あいつは未だにワシが貸した金を返しよらん」

 

と、プリプリしていた。

 

 

今回の滞在では沖縄で学んだ〝ただ寄り添う〟

 

という赦しを、父母という兄弟たちに助けられながら、

 

完結させていけたらな、と思っている。

 

f:id:shusaku1:20181221000447j:plain

↑ 僕たち、実物は〝二割増し〟だよ! 

 

最後に、もりGさんはじめ、

 

何より、縁の下の力持ちで、

 

僕達のお世話をずっとしてくださった、

 

もりGさんの奥様に感謝いたします。

輪廻の少年

f:id:shusaku1:20181217112419j:plain

 

www.youtube.com

 

転生について考えていたとき、たまたま、

 

BS1で『輪廻の少年』というドキュメンタリーを見た。

 

 

チベット仏教の盛んなインドのラダック地方で、

 

5歳の少年が、チベットの高僧であった前世を語りだし、

 

村の僧院でリンポチェ(高僧の生れ変わり)と認められる。

 

チベットの僧院へ少年の存在を伝えたにも関わらず、

 

中国政府に弾圧されているチベットの僧院からは

 

一向に迎えの使者が来ず、とうとう彼が10歳の時、

 

偽のリンポチェだ、として村の僧院を追放されてしまう。

 

f:id:shusaku1:20181217112401j:plain

 

彼にはリンポチェを世話する〝おじさん〟がいた。

 

おじさんは、献身的にリンポチェのお世話をし、

 

彼をあらゆる困難から優しく守る。

 

そして、リンポチェが12歳になったある日、おじさんは、

 

リンポチェを連れてチベットを目指して旅立つ。

 

 

ヒッチハイクや民家に泊めてもらいながら、

 

2か月かけて中国国境の村に辿り着く。

 

しかし、国境は封鎖されており、吹雪の山の中で、

 

とうとう二人は身動きが取れなくなってしまう。

 

そのとき、寒さに凍えながら少年は言う。

 

「おじさんがいなければここまで来られなかった、

 

 おじさんと一緒にいられて嬉しい。」 

 

f:id:shusaku1:20181217114046j:plain

 

最後、国境付近の僧院でリンポチェは、

 

高僧になる為の高度な教育を受けることになった。

 

それはまた、おじさんとの別離を意味していた。

 

雪のない〝エア雪合戦〟をしながら泣き崩れる二人。

 

そして、おじさんは僧院を去ってゆく。

 

f:id:shusaku1:20181217112413j:plain

 

このドキュメンタリーを見て僕が思ったのは、

 

おじさんのリンポチェに対する愛と献身と保護、、

 

リンポチェの純粋さと、全てを受け容れる慈悲の心だ。

 

本当に少年が高僧の生まれ変わりかどうかは別として

 

おじさんは、本来いるべき場所へ少年を帰そうと、

 

懸命に少年の手を引き、寄り添い、導く。

 

その導きにリンポチェの少年も素直に従う。

 

 

どんな人にも導き手はついている。

 

それは聖霊の化身としての兄弟だ。

 

なので、何かにつけ、自分がコントロールしようとする

 

〝わたし〟を脇に置き、周囲にいる兄弟たちに、

 

〝信〟と〝感謝〟と〝敬意〟を持って接するべきだ、

 

と思うのだ。

 

f:id:shusaku1:20181217112404j:plain

 

それで、このドキュメンタリーを何度か繰り返し見た後、

 

自分が造りだしたこの幻想世界(自分の心の中)全てを、

 

もう聖霊兄貴に返してしまっていた。

 

なぜか、自分の世界を聖霊のものとしてください、

 

と、世界をそっくり丸ごと聖霊に返却してしまったのだ。

 

f:id:shusaku1:20181217114052j:plain

 

これからは、目の前にどんなことが展開されても、

 

それは聖霊の心の中で起っていることであり、

 

終わってゆかせるために顕われていることとなる。

 

 

もう、本当の意味で、

 

自分でコントロール必要も、決断する必要もないのだ。

 

リンポチェのように、兄貴の導きに付いて行くだけだ。

 

 

そうして、僕の世界が聖霊のものになってしまった、

 

と思った瞬間、全てが〝ここ〟にあったことを智った。

 

自分が作ったと思い込んでいる世界丸ごと返したら、

 

全てが与えられた。

 

 

これからも、いろんなことが起きてゆくだろう。

 

スマホも失くせば、パソコンも壊れるだろうし、

 

大切な人と別れることになるかもしれない。

 

それでも、自分は全てを〝ここに〟持っている、

 

という圧倒的な理解が起きている。

 

 

そうは言っても、僕はまだ時間の中にいるので、

 

今後は、肉体を脱ぐまでは聖霊と世界を共有しながら、

 

やるべきことをやってゆくことになるのだろう。

 

f:id:shusaku1:20181217112426j:plain

 

 というわけで、いま、沖縄のPALM CHURCHにいる。

 

今回もまたまた、なぜかわからないのだが、

 

カウンターへ行くとビジネスクラスに変えられていた。

 

空港ラウンジも使え、おかげでゆったり過ごせた。 

 f:id:shusaku1:20181217112431j:plain

 

沖縄は暑かった。半袖で十分過ごせる。

 

海流のせいか、香港より全然暖かい。

 

 

丸ごと聖霊兄貴と化してしまった世界で、

 

4日間、コース兄弟たちと濃密な時間を過ごす。