香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

冬構え

f:id:shusaku1:20191223030141j:plain

 ↑ キャセイ航空のCAさんによるダンス

    空港の到着ロビーにて

 

自分でいろいろやっているつもりでも、本当は何ひとつ、

 

自分ではやれてなかった、という話である。

 

 

一生懸命勉強して、有名大学に入れた、

 

一生懸命引き寄せの法則を学びお金持ちになれた、

 

一生懸命婚活し、イケメン医師の嫁の座をゲットした、

 

など、自分自身はシナリオ全体が見えていないので、

 

自分が選択した結果、こうなったと感じているが、

 

本当は自分では何もやれてはおらず、起こってもおらず、

 

最初からそうなっていたから、そうなっただけの話だ。

 

そして、

 

起こっては消えてゆく映像に反応する心を赦さなければ

 

来世では、自分がいま最も憎んでいる役を演じながら、

 

別バージョンの同じ映画を観てゆくことになる。

 

 

まだ、この世界でやる気満々だったころ、

 

シナリオは決まっていて、自分は今、

 

すでに撮り終えた過去の映画を観ている、と言われても、

 

はあ?てな感じで、全然ピンとこなかった。

 

しかし、もうこの世界を永遠に後にしようと決めてからは、

 

やっちゃったと思ったこのことも、腹の立つあのことも、

 

自分が判断して行動した結果生じたものではなく、

 

自分はなにもやれていないし、その自分もシナリオで、

 

ゆえに、そんなものに何の罪悪感も持つ必要はなく、

 

微笑みながら、反応せず、ただ見すごしていればいいと、

 

とても安らかな、肩の荷を下ろしたような気持になった。

 

f:id:shusaku1:20191223030149j:plain

 

そういう意味で、自分がやるべき唯一の仕事は、

 

神の中でただ悦んでいること、それだけなんだ、と、

 

歓びながら静かなクリスマスを過ごしている。

 

 

神を思い出している時、もう自分は聖霊を選んでいるし、

 

その時点で聖霊そのものになって神を感じている。

 

そして、ハートの愛の感覚は神を感じる呼び水となる。

 

f:id:shusaku1:20191226022130j:plain

↑ チックというアジア系の少年がCOOL!

 

ということで、

 

今日25日から来年1月2日までクリスマス休暇である。

 

来月17日から18日間、日本へ里帰りするため、

 

年末は香港の自宅で、ただ、ぼーっと過ごすことにした。

 

本当に何もせず、自分の中の愛だけを感じて過ごす。

 

外には何もなく、内なる歓びがリアルになってからは、

 

一人で過ごす時間が一層好きになった。

 

一人で部屋にいても出てくるものは出てくるのだけれど、

 

まあ、それも、消えてゆく姿ということで、ただ見送る。

 

f:id:shusaku1:20191226022116j:plain

 

で、今日は映画やドラマをたくさん見た。

 

中でも『50年後の僕たちは』というドイツの映画が、

 

ダントツで素晴らしかった。

 

あらすじは〝ネタバレ〟で検索していただくとして、

 

14歳になる二人の少年のロードムービーなのだが、

 

2度と戻らない刹那的な輝きがとても切ない一作である。

 

年末年始の冬の夜長に、ぜひ見てほしいおススメ映画だ。

 

f:id:shusaku1:20191226022122j:plain

↑ 笠智衆主演『今朝の秋』(1987年)

 

た、日本映画専門チャンネルで、

 

笠智衆の昔のドラマを放映していたので見た。

 

『冬構え』、『ながらえば』、『今朝の秋』の三作だが、

 

笠智衆の何とも言えない朴訥な演技に、ハマった。

 

80年代って、

 

今みたいなカットの多いつぎはぎだらけのドラマではなく

 

役者さんがしっかり演技できるドラマが多かったんだね。

 

それに、医療モノ、警察モノ、弁護士モノ、といった

 

特殊な世界や、突拍子のないストーリーのものではなく、

 

人々の日常から、深い共感を炙り出すものが多かった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

こうして、僕のまったり休暇は始まったばかり…。

 

あしたは、付近の街をぶらぶら散策してみるつもりだ。