香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ジェット最終便

f:id:shusaku1:20190718012832j:plain

 

昨日から一泊二日でフィリピンへ行ってきた。

 

だが帰国日の今日、

 

台風五号がフィリピン北部を通過中とかで、

 

空港のあるクラーク周辺はすごい暴風雨となった。

 

一瞬、フライトキャンセルが危ぶまれたが、

 

クラーク発香港行きの最終便で、何とか戻って来れた。

 

雨がすごかったので、お昼は工場の食堂で済ませた。

 

味の濃いフィリピン料理はとても美味かった。

 

しかし、そのあと、ちょっと、お腹の調子が…。

 

それでも、神を感じて〝ひゅんひゅん〟していた。

 

〝びゅんびゅん〟ではない。

 

f:id:shusaku1:20190718012819j:plain

⇑ 夕食はいつもの テキサス・ジョー で、

  日本から出張していた同僚とステーキを食べる。

 

ここ最近、ハートのエクスタシーの中で生きている。

 

〝神〟という、ひとつの解釈だけを通して、

 

あらゆる人や、物や、事を観るようになっている。

 

会社の同僚や、自分のスマホや、果ては恐怖までもが、

 

〝神〟の解釈の中では、同じ歓びと感謝の体験となる。

 

 

これまで、

 

日常生活で湧き起こる様々な動揺や葛藤を直視し、

 

原因へ戻ったところからその罪悪感を赦していたが、

 

最初から〝神の想い〟の中にいたことを理解することで

 

無数の投影を一つ一つ見てゆくのではなく、

 

神というひとつの反映だけを〝感じて〟ゆく。

 

 

どんな景色を見ても、どんな音楽を聴いても、

 

どんな人に会っても、神の感じ方ひとつしかいない。

 

そうするうち、いつも神と一緒にいる、という、

 

確固たる自覚の中で行動できるようになる。

 

 

世界を神の解釈で観れるようになると、

 

〝さまざまなバージョンの出来事〟は消失し、

 

ひとつの間違った解釈をしていた、ということに気づく。

 

なので、自我の投影をメインにして赦すのではなく、

 

神の反映をメインにして、すでに赦された世界を感じる。

 

それがある意味、僕にとっての思考の逆転となっている。

 

 

それでも、

 

動揺や葛藤からくるびゅんびゅんが上がってきたら、

 

はっ、と自我の解釈に気づいて立ち止まり、そして、

 

神から分離したことを信じた、というたった一つの問題は

 

すでに解決されていることを思い出すことで、

 

そこから、ハートへ戻ってゆく。

 

ハート(神の想い)にまで辿り着くことで赦しは完結する。

 

 

要するに、全ての問題はひとつのところから来ており、

 

全て同じであることを、ひとつひとつ認識してゆくこと、

 

それが神を思い出すことであり、赦し(訂正)となる。

 

f:id:shusaku1:20190718012828j:plain

⇑ ホテルで朝食を注文したら二食分来た。 

 

そんな折、クラーク空港の搭乗口で搭乗を待っていた時

 

たまたま空いている席に座ろうとしたら、

 

そこから数席離れた席に腰かけていた男から、

 

連れが来るのでここに座らないでください、と言われた。

 

ああ、そっか、と、僕は、その斜め後ろの席に腰掛けた。

 

だが、最後まで、連れが来ることはなく、搭乗が始まると

 

男はひとり立ち上がり、列に並んでいた。

 

要するに男は、

 

その並びの席を、ひとりで使いたかっただけなのだった。

 

 

一瞬、身勝手な男に対する嫌悪感が込み上げてくる。

 

それからすぐ、間違った解釈をしていることに気づき、

 

その嫌悪感を直視しながら、原因は神から分離した、

 

と思い込んだことから来ていることを思い出したあと、

 

そんなことは起こっていなかったと解釈を取り下げる。

 

あとは、ただ頭を無にして、ハート(神の想い)を待つ。

 

最後に、その〝座席独り占め男〟に対する想いが、

 

神の子に対する想いに変わったのを確認して完結。

 

 

文章にすれば、まあこんな感じだが、

 

完結までの時間は、せいぜい1~2分くらいだろうか。

 

大切なのは〝聖霊に全托〟までで終わるのではなく、

 

毎回、必ず、神の想い(ハート)まで到達していることを、

 

確認する、ということだ。

 

ただ、自分で(が)到達しようとしないこと。

 

僕の場合は、

 

兄弟が神の子だと分かっている感覚が戻っていれば、

 

一応フィニッシュ、としている。

 

 

というわけで、眠い。

 

おやすみなさい。