香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

葡萄ジュースは造らない

f:id:shusaku1:20200118231740j:plain

 

今日は近所にあるゴールドジムで自主トレをした。

 

スクワットやダンベルプレスをこなしたところで、

 

エアキックのセッションが始まるというアナウンスが入り、

 

初めてだったが、参加してみることにした。

 

エアキックとは、四方にバネを付けた板の上で、

 

キックやパンチなどをするエクササイズで、香港でも、

 

ボディコンバットをやっているのでできるだろうと思った。

 

 

参加者は10人で、全員おばちゃんだ。

 

みんな顔見知りらしく、もう、しゃべる、しゃべる。

 

インストラクターが、もう始めますよ、と言っているのに、

 

糖分を取らなくては、とモナカを分け合ったりしている。

 

ちゃんとやれよ、と思いながらエクササイズが始まった。

 

 

最初チョロい、と思っていたが、これが案外キツい。

 

上下する板の上でバランスをとるのは至難の業で、

 

その上、高速でキックとパンチを繰り返すため、

 

踏ん張っているだけで、両足の筋肉が攣りそうになる。

 

 

で、僕がボードの上で、ヨロヨロ飛び跳ねている中、

 

ふと、鏡に映る周囲のおばちゃんたちを見てみると、

 

アクションスターも真っ青、というほどのド迫力で、

 

高速パンチや回し蹴りを繰り出しているではないか。

 

パンチは素早く、キックも顔の高さまで上がっている。

 

ときどき、どりゃー、とか、はっ、という声まで発する。

 

さ、さっきまでモナカ食べてたのに…。

 

お、お、お見それしました。

 

 

多分、明日は全身筋肉痛だ、と思いつつジムを出た。

 

それから阪急百貨店の4階にあるカフェで、

 

ノートと買ったばかりの英雄万年筆を取りだし、

 

コーヒーを飲みながら、新作のプロットを練って過ごした。

 

f:id:shusaku1:20200118231844j:plain

 

最近、赦しをテーマにした小説を書きたくなっていて、

 

といっても、真面目で清廉な、美しいお話などではなく、

 

エロエロで、ゲスな、世にもおぞましい物語である。

 

だって、

 

そういうストーリーしか出てこないのだから仕方がない。

 

でも、新しい主人公や登場人物に出会えるのは幸せ!

 

なぜなら、彼らは全て無いはずの自分の分身だから、

 

ちゃんと登場させて、見送ってやるのだ。

 

 

僕は、お酒が好きなので、

 

造るならばやはり、新鮮さだけが売りで、

 

放っておくと腐ってしまう葡萄ジュースより

 

年月が経つほど熟成され、

 

価値が増す葡萄酒を造りたい、と思ってしまう。

 

それに何より、葡萄酒の方が〝酔える〟!

 

決して葡萄ジュースが悪いと言っているのではなく、

 

短期間で消えて行くスピ本を量産するより、やはり、

 

一冊でいいから、真理を炙り出す物語を残したい、

 

という思いが、ふっとシュワシュワ湧いてくるのだ。

 

 

だから、

 

初期プロットが確定し、登場人物のキャラが立って、

 

実際に書き始める段になると、もうこれ以上、

 

サラリーマンの仕事は続けられないと思うので、

 

会社は辞めることになるだろう。

 

まあ、日本で書くか、香港で書くか、または別の国、

 

例えば、台湾やハノイにお籠りして書くかは未定だが、

 

いずれにせよ、とりあえず今の僕がすべきことは、

 

お金を貯めて、貯めて、貯めまくることだ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com