香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

冬ごもり

f:id:shusaku1:20210110001012j:plain

 

 

今日の香港は本当に寒かった。

 

昨夜は7℃まで気温が下がり、昼間でも、

 

11℃くらいまでしか気温が上がらなかった。

 

香港では暖房をつける習慣がないため、

 

ある意味、日本の冬より寒いと思う。

 

 

なので今日は家で〝冬眠〟をした。

 

食事も、昼はハンバーガーの出前を取り、

 

夜は、冷凍餃子とたまご焼きで済ませた。

 

 

奇跡講座を読み、アニーターの本を読み、

 

それから少し瞑想をしてから、小説を書いた。

 

スマホやテレビやネットはいじらなかった。

 

この文章もWORDで書いていて、

 

アップする時にだけ、ネットを立ち上げる。

 

悩まされていた皮膚も劇的に改善された。

 

 

f:id:shusaku1:20201226223406j:plain

 

 

暖かい静かな部屋で、特に何を考えるでもなく、

 

ぼーっ、と、自己の内面に入り込んで過ごした。

 

今、この瞬間、背後(内側)に在る神を味わう。

 

自分の本質が愛そのもので在ることを感じる。

 

昔の自分は、

 

本当は神であり愛である自己の本質の感覚を、

 

欠乏感から来る不安や恐怖として感じていた。

 

内側の欠乏感が追い付いてこないように、

 

静寂を避け、ひとりになることから逃げ、

 

出張で飛び回り、成果を出そうと頑張り、

 

自分よりも他者を愛そうとしては傷ついていた。

 

 

しかし、一昨年から続く、

 

香港での民主化デモやコロナ禍などで、

 

外部の活動が極端に制限される中、

 

内なる欠乏感を行動で補うことができなくなった。

 

そこで、もともと過激でスワット体質だった僕は、

 

今、この瞬間に在る神への抵抗を止め、

 

ガンガン自分の内側へ向かっていった。

 

結果、国慶節の〝飛び降り衝動〟をピークに、

 

ころっと、不安感が愛へと反転してしまった。

 

自分は一部であり、全体であった、

 

自分の本質は神と同じで、愛そのものだった。

 

無限の全体(実相世界)はもうここにあった、

 

ということが、形而上学的な思考的なものではく、

 

リアルな体験として起こった。

 

 

また、自分は無条件で、世界から赦され、

 

神から愛されている存在であり、

 

自分は無限の可能性であることも体感した。

 

 

👇 スワット隊長バリバリだった頃 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

個の僕としてはもう、

 

外側で達成したい何か、や、こうなりたい自分、

 

というようなものは無いが、今後もし、

 

この肉体を使って何かをやるとすれば、それは、

 

この無限の可能性から出たものになるはずだ。

 

 

とまあ、このように感傷に耽けりつつ過ごす、

 

寒い香港の夜である。