香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

過去から僕が会いに来る

f:id:shusaku1:20210302224046j:plain

👆 炭水化物を抜いて2週間がたつ

  米、パン、麺類、イモ類を一切摂らない

  中でも、プリマハムのサラダチキンは

  封を切ればすぐ食べられ、

       味もついているので便利! 

  

 

〝瞑想中レイマン出てきて聖霊になる事件〟

 

から一夜明け、朝、いつものように出勤した。

 

この日は朝から本社とZOOM会議だった。

 

もう一人の日本人の同僚が、来週早々、

 

日本へ帰国し、そのまま退職してしまうので、

 

彼が担当している部材調達業務を、

 

日本本社へ引き継ぐための会議であった。

 

僕は財務部で、業務的には全く関係なく、

 

オブザーバー的立場で参加していた。

 

 

日本側は購買や調達の課長が出席し、

 

社長も同席していた。

 

辞職する彼はここ数日、遅くまで残業をして、

 

詳細な引き継ぎ書を作成しており、

 

会議はその引き継ぎ書に基づいて行われた。

 

しかし間もなくして、日本側の課長たちから、

 

様々な質問やダメ出しが出はじめた。

 

 

「この単価リストの価格、おかしくないですか」

 

「売単価だけでなく、仕入単価も入れてほしい」

 

「この契約書のここの一文の意味は何ですか」

 

といった細かい質問や要求に、彼はなぜか、

 

「すみません、調べて、修正し直します」

 

「はい、仕入単価も入れて再送いたします」

 

「すみません、契約書を確認して今日中に…」

 

と、申し訳なさそうに謝りながら、

 

彼らが出す要求に全部応えようとしている。

 

そして、挙句の果てには、

 

「その件については、多分…」

 

と彼が言った時、多分ってどういうことですか

 

とツッコまれる始末で、なんていうか、

 

彼が下手(したて)に出れば出るほど、

 

相手が上から突っ込んでくる構図となった。

 

また、辞表を出して早々に辞めてゆく彼に対し

 

突然、余計な業務を振られてイラ立っている

 

本社の人たちの様子も伺うことができた。

 

 

まあ、日本帰国にあたり、プライベートでも

 

様々な準備で忙しい彼の内情は理解できるが、

 

それならば、できないことはできない、と、

 

はっきり、みんなに言うべきだ。

 

それに、何も悪いことなどしていないのに、

 

すみませんと謝る必要もない。

 

会社なんて何とか回っていくものなのだ。

 

後のことは知るか、くらいでちょうどいい。

 

 

彼は、自分で自分のことを、ダメだ、と、

 

恥じているので(恥じたいと願っているので)、

 

その要望通りに相手は演じてくる。

 

無力感から相手の要求に応えようとすれば、

 

必ず自分を痛めつけることになる。

 

それで、悲鳴を上げた自分の本音が、

 

相手の口を通じて、悪態をついてくるのだ。

 

 

と、そこまで来た時、はっ、と気づいた。

 

続いて、全身がぞわぞわと鳥肌立った。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

過去の自分が、辞めてゆく彼に姿を変えて、

 

今の自分に会いに来ている…。

 

これは、昨日の記事で書いた、

 

あの頃の僕の姿だ、と思った。

 

赦せなかった過去の自分が、今の僕なら、

 

きっと赦され、安心して愛に戻って行ける、と、

 

今、この瞬間の時間軸を使って、

 

同僚の彼に扮して僕に会いに来たのだ。

 

 

彼だけではない。

 

僕が出会う全ての人は、赦されたいと願い、

 

過去や未来から来た僕自身の姿だったのだ。

 

 

この瞬間、

 

この人は自分を痛めつけている、とか、

 

あの人は無力感から自分を攻撃している、

 

といった解釈が、僕の中から消え去っていた。

 

ただただ、愛おしい姿、として、

 

全ての兄弟が、僕の中で君臨していた。

 

 

今回退職するこことになった同僚の彼も、

 

すでにここが居場所ではなくなったのだ。

 

彼の新天地は、愛に満たされ、

 

もう謝らなくてもいい場所だ。

 

なぜなら、

 

彼の中の、過去の僕は消えたのだから…。

 

 

👇 更新しましたあー!

shusaku1.hatenadiary.jp