香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いまの縦軸

f:id:shusaku1:20210327023157j:plain

 

 

今週金曜日からイースターの休暇が始まる。

 

去年に引き続き、今年も香港内で過ごす。

 

多分、家で一日中小説を書くと思われ、

 

自分が創った世界にどっぷりと浸りながら、

 

幸せな時間を過ごそうと考えている。

 

 

それにしても時間の経つのが本当に速い。

 

歳をとったから、とか、そんな悠長なものではなく

 

何から何まであっという間、

 

明らかに時間が加速していっているように思う。

 

 

f:id:shusaku1:20210327023144j:plain

 

 

時間と言えば、今に委ねていると、

 

時間が横軸ではなく、縦軸で感覚化されてきて、

 

全ての出来事が、今、この瞬間に、

 

同時に重叠しているように見えてくる。

 

あらゆる過去や未来の映像のスクリーンが、

 

眼前に織り重なって同時に存在しており、

 

たまたま一番前にあるスクリーンの映像が、

 

今見ている現実、みたいな感じになってくる。

 

 

こういう感覚は、

 

小説を書いている際によく起こったりする。

 

創造された物語の世界も、

 

この縦軸の中にある画面のひとつであり、

 

そこから、物語を抽出して表現している。

 

別の言い方をすれば、

 

僕たちが体験している現実も、

 

小説の中の架空の世界も、

 

 縦軸に重なった無数のパラレルのひとつであり

 

どちらも同じものだ、ということである。

 

 

また、僕はあまり詳しくないのだが、

 

多分、引き寄せの法則なんかも、

 

これと同じ原理を利用しているように思う。

 

今、この瞬間にいて、

 

縦軸に重なっているパラレルの中から、

 

見たい映像に周波数を合わせることで、

 

その周波数の映像のスクリーンが、

 

一番前側へ押し出されてくる。

 

 

 

f:id:shusaku1:20210327023243j:plain

 

また逆に、

 

父が待つ故郷へ永遠に戻るために、

 

この〝今の縦軸〟を使うとすれば、

 

それは〝取り消す〟ために使われる。

 

 

今、この瞬間に在る神への抵抗を止め、

 

無限側に開きながら、神に気づき、

 

愛を感じながらハートの歓びを味わうことで、

 

その映像を真に無いもの、

 

と納得した上で手放すことができる。

 

重要なのは、起こっている出来事や映像を、

 

ただ去ってゆくに任せる、のではなく、

 

納得済みで去らせる、ことにある。

 

そうすることで、

 

取り消した映像に関連する別のパラレルも、

 

同時に癒され、消えてゆくのだ。

  

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com