香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

贅沢な選択

f:id:shusaku1:20210331231033j:plain

 

 

イースターの連休が始まった。

 

来週の火曜日まで5連休なのだが、

 

僕は3月の財務諸表の締めがあるので、

 

連休最終日の火曜日に出勤し、

 

その代わり、9日の金曜を振替休日とした。

 

5連休を一気に休んでしまうより、

 

4連休と3連休に分けた方がおトクだ、と踏んだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210331231058j:plain

 

 

思い切って、この間は、筋トレも休むことにした。

 

ワインや食料を買い込み、家にお籠りをして、

 

いまも深夜まで小説を書いて過ごしている。

 

報道番組、特にワイドショーを見なくなってから、

 

自分の内面に深く入り込めるようになり、

 

創作活動に専念しやすくなっている。

 

やはり、外で起きている事象を遮断したことで、

 

内側へ向かいやすくなっているのかな、と思う。

 

f:id:shusaku1:20210324130103j:plain

 

 

話は変わって、

 

先日、香港支社をクローズする話を書いたが、

 

まあ、自分としても秋ごろには日本へ帰任し、

 

早期退職をしてのんびり暮らそうと思っていた。

 

そんな折、日系の人材会社からメールが来た。

 

日系商社で財務部長を募集しているという。

 

駐在員ではなく現地採用で給料はHK$45,000-

 

と悪くはないが、現地採用だと家賃が出ないので

 

ここから家賃を差し引くと、いくらも残らない。

 

それに、突然解雇される可能性だってある。

 

これは無いな、と思いつつ担当者に電話をした。

 

 

担当のM女史は、仕事内容をザっと説明した後、

 

「語学が堪能な星谷さんのキャリアですと、

 

 お給料はまだ相談の余地があると思います。

 

 一度面談だけでもされてみてはいかがですか。

 

 話を聞いてから断っても遅くはないと思いますよ」

 

と、お見合いを勧める親戚のおばちゃんの如く、

 

「会うだけでも会って見たら?

 

 イヤならいつでも断ればいいんだからあ」

 

を繰り返す。

 

 

f:id:shusaku1:20210327023209j:plain

 

 

それもそうだな、と軽い気持ちで面接を受けた。

 

当日、ホンハムにあるオフィスへ向かった。

 

日本人総経理の方に出迎えられ、あとは、

 

大阪本社の本部長さんがZOOMで参加された。

 

 

仕事内容を聞いて、余裕でこなせる、と思った。

 

オフィスも6人で少人数だし、雰囲気もいい。

 

規模も、仕事内容も、今の会社と殆ど一緒だ。

 

先方も僕のキャリアをすっごく気に入って下さり、

 

最後はお給料の交渉のみとなった。

 

 

現地採用でHK$45,000-の給料は破格だった。

 

多分現地採用で出せる、これはMAXの金額だ。

 

しかし、世界一家賃の高い香港で、

 

この給料でやっていくには、

 

住居のグレードを下げなければならない。

 

それに、半分日本帰任モードだったこともあり、

 

「〝しかたなく〟の転職ではなく、

 

 前向きな転職をしたいと考えておりますので、

 

 できれば今と同じか、それ以上頂きたいです」

 

と僕は答えた。

 

前向きに検討しますと言われ、面接は終わった。

 

 

それから一週間後、

 

「先方が再度新たな給与を提示されてきました」

 

とM女史から電話があった。

 

それは、前回提示されたHK$45,000-より、

 

数万香港ドル上乗せされた金額だった。

 

訊けば、本部長さんが大変僕を気に入って下さり

 

本社役員会で掛け合ってくださったのだという。

 

この額なら今のアパートに住み続けられる上に、

 

生活の質を落とさず香港で暮らしていけるだろう。

 

 

現況の駐在員の待遇には及ばないものの、

 

コロナ禍、自身の年齢、給与相場、と、

 

企業が次々と香港から撤退する中にあって、

 

これはもう奇跡としか言いようがない。

 

M女史もこんな案件初めてだと興奮していた。

 

 

 

f:id:shusaku1:20210327023231j:plain

f:id:shusaku1:20210327023220j:plain

 

 

そんなわけで、ここへ来て突然、

 

香港残留の道が開けてしまった。

 

日本へ帰任し、失業保険をもらいながら、

 

創作に専念した後、台湾へ行くか、

 

それとも、コロナ禍が落ち着くまで香港に残り、

 

その後に台湾へ行くか、

 

二つの選択肢の間で逡巡することになった。

 

 

ああ、

 

また二年前と同じことが繰り返されている…。

 

でも、二年前と違う点は、どちらを選択しても、

 

自分は正しい道にいて、いつでも愛に満ちている、

 

と分かっていることだ。

 

 

それに、そこまでしてでも僕を獲得したい、と、

 

ご尽力くださった本部長さんにも愛を感じるし、

 

これだけの報酬が欲しい、と、自分の本音を、

 

きちんと表現できた自分も誇らしかった。

 

なぜなら、結果がどうであれ、ちゃんと相手に、

 

〝本当はこうしたい〟と伝えることは、

 

自分に対してとても優しい行為だと思うからだ。

 

 

👇前回の日本帰任騒動の始まりから顛末まで。

 この時も魅惑的なオファーが来ていたが

 当時の僕はこの動揺を恐怖として見ていた。

 だが、今の自分は全てを愛で受け容れている。

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

ただ、

 

どちらの道を選択しても正解だと解かっていても、

 

必ずどちらかの選択をしなければならない。

 

新しい会社も愛に満ちているし、

 

日本での暮らしも、豊かさと平安に満ちている。

 

どちらを選択しても、神が在り、愛の道である。

 

なぜなら、僕の内側に愛が満ちているので、

 

どこに行っても愛しか映し出されないからだ。

 

しかし、夢の現実の環境は大きく異なる。

 

 

例えば、

 

すっごい嫌なヤツがいる、とか、

 

どうしてもお金を稼ぎたい、とかだったら、

 

決断は早いのだが、どちらも同じくらい大好き

 

という中での選択は本当に難しい。

 

選択とは、優劣があるからこそできるのだ、

 

と、今回つくづく思った。

 

 

しかし、

 

本当に有り難いなあ、みんな優しいなあ、

 

としみじみ愛を感じながら、こうやって、

 

選択に迷っている自分をとても幸せに思う。

 

なので、自分が映し出した世界に敬意を表し、

 

この連休中、真剣に考えてみることにする。