香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛は否定しない

f:id:shusaku1:20210415161613j:plain

 

 

ここのところ、

 

きゃんきゃん吠えまくるスピッツのように、

 

愛、愛、愛、とうるさい限りの僕なのだが、じゃあ、

 

愛を感じている時の感覚とはどんな感じなのか、

 

と僕なりに考えて見たところ、

 

それは、何から何まで肯定されている感じ、

 

少しの否定もない感覚、なのかな、と思った。

 

 

というのも、今日会社で、3人の日本人女性と、

 

電話で業務上のやり取りをしたのだ。

 

一人は、コピー機の担当者で、

 

コピー機を引き取ってもらう日にちの算段をした。

 

もう一人は、会計事務所の担当者で、

 

所得税申告についての質問をいくつかした。

 

最後の一人は、人材会社の人で、

 

転職先の会社について色々打ち合わせをした。

 

その際、具体的に何があったという訳ではないが

 

先方の受け答えや反応の仕方に対して、

 

こっちはそういう意味で言ってるんじゃない、とか

 

この人、絶対、鼻であしらってるよな、といった、

 

自分の中の相手を否定する気持ちに気づいた。

 

そして、次の瞬間、ああ、もうこんなのイヤだ、

 

俺はもう絶対に誰をも否定したくない、

 

という強烈な想いに凌駕された。

 

 blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕の場合、先ずは、

 

他人を否定しても自分を否定しない、

 

他人を責めても自分を責めない、

 

他人を差し置いてでも自分に優しくする、

 

他人に何を言われても自分を肯定し続ける、

 

を徹底してガンガン実践していった結果、

 

次第に自分の内部に愛の力が戻り、

 

正気が回復してきた。

 

こうして、自分の中の無限に気づいて初めて、

 

他人を否定しなくなり、他人を責めなくなり、

 

他人のことを受け入れられるようになった。

 

このプロセスがあったからこそ、

 

今回の三人の日本人女性とのやり取りの中でも

 

否定しようとしている自分を責めに行くのではなく

 

絶対に否定しない、兄弟を愛として受容する、

 

と決然と選択できたのだと思うのだ。

 

 

だから、僕は力強く決心した。

 

もう、誰をも否定しない、と…。

 

隣りのデスクに座っている同僚を否定しない。

 

パートナーを否定しない。親を否定しない。

 

香港を否定しない。日本を否定しない。

 

お金を否定しない。食べ物を否定しない。

 

起こる事を否定しない。あらゆる人を否定しない

 

そして、何よりもまず、自分を否定しない。

 

どんな事があっても、絶対に絶対に否定しない。

 

なぜなら、

 

父や兄貴は、僕を一度も否定しなかったから…。